品質とデザインに驚き。初めて行った3COINSで買った物。

こんにちは、まちのこです。

最近使っていた水筒が調子が悪くなってしまった。

これ。

調子が悪くなってしまったというより、私がお手入れ方法を間違っていたようで。

どうにも無様な感じになってしましたのです。

どうなったのか、あまりにもグロテスクといいますか恥ずかしいので写真は載せる勇気がないのですが…。

カルキのこびりつきが、えげつなかったんです・泣。

我が家はブリタで水道水をろ過し、その水で水出し麦茶を作っています。

昔の写真で失礼します。

大変おいしいのですが、水出しだと水を沸騰した時におこるカルキ飛ばしが行われない。

そのためどうしてもカルキのミネラル分が残り固まった物が、粒状になって残ってしまうのです。

ガラスよりプラスチック製の物がそうなりやすいそうで、今回のはまさにソレ。

人体に悪影響はないそうですが、見た目がチョットよろしくない。

酸性のアイテムでお手入れしておけば良かったようなのですが、私はそれを知らず普通のキッチン用洗剤で洗っておりまして。

こちらは中性なので全く効果がないらしく、今回のようにカルキ跡が付き放題のままになってしまったのです。

カルキ跡は厄介者で、付いて時間が経つどんなにこすっても取れないらしい。

うん、取れませんでした。

もうこのカルキの跡がどうもガマンならないので買い直すことにしました。

これまでの水筒は当時1つ¥1000位した物、雑貨屋さんで購入。

また同じ物を買うべきか。

最近は類似品がたくさん出ていて安くて品質もかなりいいと聞いている。

同じ品質なら安い方がいいので、類似品を検討してみることにしました。

初めてのお買い物、最近の世の中って素晴らしいの巻。

時代は100均より、300均⁉。

最近は¥100ショップより、¥300ショップが人気だと以前めざましテレビでやっていました。(ZIPだったかな)

その放送によると、100円ショップより品質とデザインが良いという事で、¥100にお金をプラスしてでも¥300の方を選ぶ人が増えているらしい。

今回水筒を買うにあたって、100均の水筒でもイイかなと思ったのですが。

100均の水筒のネットでのレビューを見ると〝横などにするとこぼれる〟という意見が結構あり。

仕事に持って行ったりもするので、バッグの中でこぼれるのは困る。

それなら世間の皆さんと一緒で、少しお金を足して¥300の方にしてみようかと。

もう、¥1000を出す気はないのです。

¥300の方はこぼれないというのは実は実証済みでして。

以前の職場の人が使ってい問題はないと言っていたのを思い出しました。

100均には100均の良さがあると思うのですが、こういうちょっとした事(イヤ、大事な事か!)を¥200プラス回避できるのなら300均を選ぶ傾向にあるのも分かります。

初めての3COINS。

¥300均一のお店が近くあったのですが、今まで行ったことがありませんでした。

行くきっかけが今までなかったような。

それと100均もそうだけど、こういう場所は目的を持って行かないと余計な物まで買ってしまいそうで…。

今回やっと目的が出来たので300均のお店〝3coins〟に潜入してきました。

100均のお店とは雰囲気が異なり、まるで雑貨屋さんのようなんですね。

私の行ったお店は100均よりアイテム数はすくないものの、デザイン性が高く、これで品質が良ければ200円足すのも納得です。

あれこれ誘惑にかられそうだったので、目的の水筒の元へ急ぎました。

3COINSで買った水筒。

3COINSで猫の絵柄の小皿が欲しくなったのをグッと抑えて、目的の水筒を買ってきました。

なかなか可愛いでしょう⁉

これで300円なんて本当に雑貨屋さん泣かせですね。

温・冷大丈夫と書いてあります。

食洗器、電子レンジ、冷凍保存はダメとありますが、私にはどれも当てはまらないので問題ないです。

蓋の部分。

以前持っていた¥1000の物と変わりありません。

こぼれる、こぼれない問題はどうでしょう。

こうしても大丈夫。

もちろんしっかり閉めての状態ですが、こぼれる気配なし。

¥300でこのデザインと品質の良さには驚きです。

もしかするとこの先、書いてあるイラストが剥げてくるとかあるのかもしれませんが今の時点では大満足です。

同じ過ちを犯さないよう、カルキのお手入れにクエン酸がいいとネットにあったので用意しました。

これは近くのスーパーで購入しましたが、こういった物は100均がありがたいですね。

外から美味しそうな匂いがするよ。


本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする