好きだけではダメ⁉年齢と共に手放さなければならない物もある。

こんにちは、まちのこです。

久々の投稿、夏休みから秋休みへと突入してしまいそうで、ここらでボチボチ投稿を再開しようと思います。

ざっと4ヵ月お休みした間、異常気象の影響が日本中で出ていたり、増税がスタートしてしまったり。

色々な事があったけど、どうにか無事に変わらず暮らせている。

しみじみと感謝しかありません。

変わらず暮らせてはいるけれど、確実に年齢は進んでいる事を心身共の感じてはおります。

体の疲れや目に見えての加齢具合は残念です。

こんな調子だから、これまで好きだったアイテムなかなか上手い事使いこなせなくなっている現実もあり。

もう泣く泣くよ、好きだけでは乗り越えられない事もある、さようなら大好きな物の巻。

真っ黒すぎる時計。

その大好きな物とは、腕時計です。

私はアクセサリーを付けない代わりに出掛ける際には腕時計を服装に合わせて、はたまた季節に合わせて着けています。

だからといって、たくさん持っているわけではなく所有量は3本。

komonoのデザインが好きです。

どれもこれも大好きで大切に使っていました。

そう、使っていましたという過去形の物が1つあり。

この黒の時計。

何もかもが真っ黒な所がクールで恋焦がれて購入したのは2年程前。

夏だって

冬だって

大好きで大活躍してくれていた時計。

しかしながら、これらの写真は全て1年前以上のもの。

ここ1年位はこの時計を敬遠していた自分がおりました。

もう限界です。

デザインも色も大好き、だけど…。

もう見えません!

そうです、私には着々と老眼が進んでおるのですねー。

うーん何時だろう…。

いくらデザインが好きといえど、時計は時計。

見た時すぐに時間が分からなければ意味がないわけで。

ここ1年位、見てもパッと瞬時に時間を確認することができない状態の私。

見え辛くなったと自覚と共に付ける回数も減り…。

ここ1年はとんとご無沙汰しておりました。

機能を果たさない物は持たない。

機能を果たさない物、自分が持っていても仕方がない物は手放す。

この時計と同じぐらいクールにここは決めてやりますよ。

そうしないと、どんどん年齢を重ねていくにあたって、〝好きだけど無理〟問題はあれこれと出て来るだろう。

だから好きだけで持ち続けては、この先必要でない物は増える一方かも。

気が付けば家は不要な物で溢れてる、なんてことも無きにしも非ず。

そりゃぁ中には持ってるだけで幸せな物もあるけれど。

今回はそんな気持ちにもならなかったので、これまでの感謝を込めてキッパリさよならします。

zozotownに買い取ってもらいました。

私が必要となくなった物が誰かの必要な物になるかもしれない明るい未来がきますように。

めでたし、めでたし。

気が付けばもう秋、10月になってしまいました岩合さん。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする