やっぱり猫が好き!吾輩は猫である。

こんにちは、まちのこです。

このブログにも写真を載せていますが、我が家には4匹の猫がいます。

今日はあらためて猫について考えてみました。

猫様の言う通り

私は犬と暮らしたことがないのでイメージですが、犬は飼い主さんの言いつけをちゃんと聞く。

飼い主さんへの愛が止まらない、全ては飼い主さんのためにーとその姿は謙虚で涙ぐましくもあります。

忠犬ハチ公イメージが強い。

一方猫はどうでしょう。

犬との決定的な違いになりますが、飼い主の言うことは基本聞かない。

飼い主が猫の言うことをきくといったほうがが正しいのではないでしょうか。

猫は〝今したい事は絶対にしたい〟とゆうスタンスなのでこちらが彼らに合わせてあげなければいけません。

呼んだって気が向かないと来てくれませんし、返事も面倒くさい時は尻尾で合図。

本当に気分屋さんです。

ですからこの様に

玄関を通ろうとしても退くこともなく

布団を陣取り、飼い主の方が小さく猫に遠慮して寝なければいけません。

少なくとも我が家ではいつだって猫中心で一番偉い立場です。

そこがかわいい

犬の飼い主さんからは考えられないことだと思うのですが。

猫の飼い主さんはなんだかんだいって彼らの言うことをきくのが嬉しい、楽しいと思ってるところはあると思います。

「まったく、もう!」と文句いいつつ顔は笑顔。Ⅿ体質の人向けです(笑)

そんな自由奔放で大丈夫なの?

悪い事はしないの?

しつけは?

そんな勝手気ままな猫たち、こっちの言う事なんてきゃあしませんが実は致命傷になる程のいたずら、悪さはしないのです。

それなりに頭がいいので、こちらのことも観察してるみたいで〝これはまずいな〟とか〝怒られるな〟とか分かってるようです。

こうしたら可愛がってくれる、ご飯がもらえるとかも分かっているみたい。

ちゃっかり者です。

しつけも特に要らない気がします。

うちの子たちの場合はトイレも特には教えていなくて、設置してたら勝手に行って覚えていました。

こうやって要所、要所のポイントはちゃんと押さえてくるので、ついつい甘やかしてしまいます。

(姉の飼ってる猫)こうやってお土産の袋も目ざとく見つけ入ります。

やっぱり猫がすき

いつもやりたい放題、都合のいい時しか甘えてこない自分勝手な猫たち。

だけどちゃんとこちらが寂しいとき、悲しいとき、疲れた時そっと寄り添ってくれます。

そんな距離感も心地いい。

きれいな瞳でこちらを真っ直ぐ見つめ、温かく柔らかい体と何とも言えないフェロモンでこちらを魅了する。

そんな猫たちにまたつい騙されていいなりになる毎日です。

猫たちプロフィールはこちら

本日もお読みいただきありがとうございました。


にほんブログ村

しつけは、この母がしてくれたのでしょうか。

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする