夏のかごバッグ、夏以外に使ってみた。

こんにちは、まちのこです。

昔から夏になるとかごバッグを持ちたくなるたちでした。

今は季節関係なく持っていてもOKな感じですが、ちょっと前までは夏のオシャレの象徴。

最後に買った夏の象徴〝かごバッグ〟

自分に必要ない物は、どうしたって必要ないねの巻。

夏の象徴からみえる当時の私。

夏はずっとかごバックだった気がします。

ファーを冬にしか身に付けるられないように、かごバッグだって夏限定のモノ。

そう思って夏のオシャレに欠かせないアイテムとして認識していました。

世の中もそうだったように思います。

ここ何年ですよね、冬でもかごバッグみたいになってきたのは。

カゴバッグにファーをあしらったものなど冬は人気。

私が買った最後のかごバックは8年くらい前のもの。

決して冬でもOKスタイルじゃない、THE夏用かごバッグ。

セレクトショップで¥20,000位したはず。

ビニールで編んであるみたい。

当時の私、よく買ったよなぁ(怖)

夏は絶対かごバック!と思いながら全く使わなかった記憶だけはあります。

赤がそうさせたのか、形がレジャー感を強く連想させたのか。

いざ使おうとしたら使いづらい、自分のテイストと合わない、厄介な存在だったような。

当時の私が何も考えず買い物をしていたのがよく分かります。

色んな事に薄々気が付いていた。

早い段階で必要ないと気が付いていたはず。

だけどいつまでも手元にある。

値段がそうさせるのか、保存状態が良いからそうさせるのか。

手放すチャンスは何度もあったはずなのに、違う用途に使ってみたりする。

猫のトイレにて。

猫のトイレシートを入れてみた。

詰め替え作業はあんまりしたくないくせに、すぐこじゃれてみたくなりこんな事を。

だけど中途半端なもんだから、すぐこうなる。

直接入れて、ペットシートのパッケージ見え放題。

無理やり使おうとすると結局こうなり、カゴバッグをここに使うことに我ながら疑問視。

薄々気づいていたよ、こんな事したって私には続かないってね。

無理矢理はやっぱり無理がある。

こんな事を何回くりかえしてきたっけ?

手放すのが惜しくて、無理矢理用途を見つけた結果だいたい今回のようになる。

何かに使える、使おうと思ってもそんなアイデアマンじゃなかった事をすぐ忘れてしまう。

いつかとか、別の何かとしてとか、アレンジ利かせる器がなければ潔く手放すべき。

無理して使わないといけない状態は、どこかに無理がくる。

私の場合、詰め替え作業に無理がきてたし。

最近ブレブレ気味だった自分に、もう一度に言い聞かせたのでした。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする