ミニマリスト、ファンシーとの付き合い方。

こんにちは、まちのこです。

ミニマリスト=シンプルなファッション、持ち物。

こんな図式が一般的な認識でしょうか⁉

無駄なモノを削ぎ落としていく生き方にはシンプルシックがお似合い。

ミニマリストかぶれな私もシンプルなモノが好き。

しかし、女性ですもの。

ラブリー、ファンシーと可愛いたぐいのモノもキライじゃない。

シンプルとファンシーの狭間で揺れ動く時もありますよね。

空前絶後の猫ブーム。

私は猫を飼っています。

これは私が生まれ時からずっと。

猫と共に生きてきました。

猫が大好き。

こんにちは、まちのこです。 このブログにも写真を載せていますが、我が家には4匹の猫がいます。 今日はあらためて猫...

こんな時代が来るなんて夢にも思いませんでした。

何がきっかけ⁉空前絶後の猫ブーム!

40年近く生きてきて、猫にスポットライトがこんなに当たった事はなかったはず。

どんなにキティちゃんが流行ったて。

ペットブームは犬に任せて猫好きは静かに猫と暮らしておりました。

それが今じゃ猫の飼育数が犬を上回ったというじゃありませんか!

テレビのCMだって猫の起用が多い事。

猫のドラマや映画もありましたね。

観てたなぁ猫侍。

このブーム嬉しいを通り越して驚くばかり。

この猫ブーム、私達の生活用品にも大きく影響がでてます。

キティちゃんだけじゃない!ファンシーな猫たち。

空前絶後の猫ブーム。

雑貨屋さんを覗いてみたら、ほとんどのモノの猫柄、猫仕様がある。

食器にタオルに文房具、ポーチにバッグ、当然財布なんかも。

あの無印良品も猫が食べる猫草や猫型の付箋紙なんかもある。

あらゆる方面、猫グッズをはじめ、猫をモチーフにしたもの取り扱っている。

経済効果も大したものです。

こうなると、ミニマリストでも乙女心をくすぐられ猫モチーフを取り入れたくなります。

私のファンシー猫グッズ。

とはいえ、ここはやはりシンプル好きがベースにある。

そんなに何でも猫柄、猫仕様のものにしようとは思っていない。

出来るだけさり気なく、そして嫌みな感じでもなく。

ほんの少しだけ乙女な部分をのぞかせて(笑)

今年の手帳とエコバッグ。

スマホケース。

これが好きすぎて、1つ目壊れてまた同じのを買いました。

また同じのが欲しい!

やっぱりチョイスはシンプルベース。

と思いきや!

夏になるとこちらが登場。

姉からのプレゼント、ザ・猫グッズ。

ピンクの扇子。

これはこれで愛らしくて好き。

持ちすぎ注意。

可愛い猫モチーフが巷には溢れています。

猫好き、見ると可愛さのあまりつい手に取って誘惑に駆られてしまう。

しかしここは冷静に。

何でも度を超すとよくありません、持つなら少し厳選したものだけ。

可愛いからこそ欲張らず、1つ1つの良さを活かしてあげたい。

ここはミニマニズムの精神にのっとって。

いつもリアルファンシーは側にいるし。

思い出しました小さい時にあった猫ブーム。

なめ猫ブーム。

免許証を持ってたもんなぁ~。

この話題40オーバーは分かるはず(笑)

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。

 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする