冬のワードローブ、ニットパンツの誤算。

こんにちは、まちのこです。

今日は全国的に今季1番の寒さの到来。

もう11月も終わり、秋から冬へ季節が移るそんな時期ではありますね。

そろそろ今季買った冬物に、本格的にシフトチェンジしていこうかと。

こんにちは、まちのこです。 最近は冬服の準備の投稿が続いています。 そうなると、...

特に今日は風が強かったので、ニットパンツを初下ろししようかと思ったのですが。

ちょっと誤算が発生いたしました。

人生初?のニットパンツにもう一声、ミニマルコーデ―をキレイに着たいの巻。

初めてのニットパンツ。

去年から気になっていたニットパンツ、今年は挑戦してみました。

こんにちは、まちのこです。 さすがに日に日に寒くなっていきますね。 もう10月も終わるので本来こんなもんでしたっけ? ...

プチプチで好みの物が見つかり喜んでいました。

形、素材、タイプの違う2つ。

買った当初からとても気に入り、着るのを楽しみにしていたのですが。

初お披露目しようと思ったら、私が予想してなかった事が発生しまして、今日は着るのを断念しました。

ピッタリフィットのニットパンツを着るなら。

私が服を選ぶ時に大切にしている1つがサイズ感。

大きくてもダメ、小さくてもダメ。

どんなに色味やデザインが気に入っても、キチンと着れなければ意味がないのでその部分は重視しています。

今回のパンツニットも、もちろんそれに気を配り、試着なしのネットショッピングしたわけですが。

自分の見立て通りサイズ感はバッチリで安心していたのですが。

丈も幅もピッタリでした。

本当にぴったりの部分が、今回私の誤算でした。

それは、ヒップライン、おしりの部分です。

ニット特有の伸縮性により、体に密着する部分は本当にぴったりフィット。

それにより下着のラインがくっきり出てしまうのですよ、2つとも。

2つのニットパンツには裏地がありません。

裏地がない所がお値段がお手頃な理由なのかな?と思いましたが。

いくつか見る中で結構高いニットパンツでも裏地はないようなので。

ニットパンツ自体が元々こういう作りなのかもしれませんね。

しかし私にとってはこの事は大誤算。

そんなこと1ミリも考えていなかった、寒くなったらすぐに着てやろうと思っていたわけですから。

要するにニットパンツを履くには、アウターにひびきにくいショーツか、ペチコート的な物を用意しなければならないようです。

おしりの下まであるニットとか着れば大丈夫なのかな⁉

いや、やっぱり気になりますね。

下着のラインが浮き出ているのは見苦しいもの、安心してキレイにニットパンツを着るためにもそれらは必要経費、ニットパンツの値段の一部として考える事にします。

お出迎えに向かう母。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする