結局はこれだった、今一番欲しい服。

こんにちは、まちのこです。

今年の冬の服は手放すばかりでまだ何も買っていません。

こんにちは、まちのこです。 気が付けばもう12月・師走。 だけど気温は冬らしさを感じられない日が続いています。 ...

12月に入っても暖かい日が続き、今年は暖冬という情報もテレビのお天気コーナーでしきりに言っていた。

だから冬の寒さに関してイマイチピンときてないまま…。

しかし!急に来たよビックリするくらい寒い冬。

ピンときたじゃ済まされない、寒がりの私には骨身に染みた(涙)

人は追いつめられると本音が出るもの。

今年の冬はどんな着かたを楽しもうかな~なんてのんびりしたことは言ってられない!

今の私が用意すべきワードローブはあれしかない。

ミニマリスト、冬将軍にコテンパンにやられるの巻。

暖冬・遅い冬の訪れは人の判断を鈍らせる。

私、ミニマリストに憧れて少ない物で暮らしています。

少ない物で暮らすとなると、1つで何通りの役目を果たす物はありがたアイテムだと思ったりする。

だから自らも1つの物で何通りの使い道が出来ないかを検討したがる。

今回もミニマリスト的なそんな考えがよぎっていたのでした。

〝この調子で暖冬なら冬のコート要らないんじゃない⁉って。〟

今までの冬の寒さも忘れて。

今着ている春・秋に着るコートで今年の冬は乗り越えられるのでは⁉と思っていました。

コレ、コットン100%素材。

冬のコートは持っています、1つ。

だけど仕事に着て行く冬コートを昨冬手放したため、今冬に新調しようと思っていたのです。

(飲食店勤務、店独特な臭いがコートに着くのが嫌で、私的用と分けています。)

しかし、こうも暖かいとそんな新調モードになかなかなれずズルズルと…。

人にはコートの事を熱く語ったくせに。

こんにちは、まちのこです。 もう気が付けば11月、10月末からの旅行をへてどうも日にち感覚がうとくなっています。 ...

そして今週末を迎えたのです。

今年の冬将軍は厳しかった。

今季一番の寒さの週末とその前何日間。

コットン100%のコートで乗り切れるわけもなく。

急に今まで着ていたコートが妙にペラペラに見え、実際そんなコートを着てる人なんていやしない。

みんなダウンやウール系。

着ていたらさぞ寒々しく見えたでしょう。

コットン100%コートで乗り切ろうとしていた私がどうかしてたよ。

この際少ない数の服とかどうでもイイ!

ただただ寒い、それ以上何もない。

今すぐ欲しい、温かなコート。

心の底からそう思う。

他は何も要らないから。

冬将軍はミニマリストの気持ちまで翻弄させたのでした。

心の底から欲しいと思うということ。

こんなに心の底から服が欲しいと思ったことがあっただろうか。

所詮衣類は暑さ寒さをしのぐためのもの。

もちろん法律的な事もあるけど。(裸で外に出ると捕まるでしょうし)

こんな原始的な考えになったのも久しぶり。

寒い、着たい。

チョットやさぐれ入ってます。

本当に寒いって精神衛生上にも良くないと痛感。

仕事帰りに急にこの寒さにみまわれた日、ペラペラなコートにて。

電車を待つホームの冷たさ、バス停では遅れてくるバスにいつも以上にイライラ!

頭の中は寒いというワードしか浮かばない、他を考える感じる余裕なんて全くなかった。

心の底から暖かいコートが欲しい、沸き上がる感情はそれのみ。

ミニマリスト、タイミングも大事。

急に寒くなったもんだから、手元には私的用のコートしかない。

本来は着て行きたくないけど背に腹は代えられなくて…。

寒さ一番の週末に着て行きました、信じられないくらい暖かい。

こちらウール90%!

やっぱりウールはいいですね~、冬はウールでなくっちゃ。

秋のコートでいいと言っていた自分が愚かなだった、舐め過ぎていた。

寒くなって購入したため、一番の寒さの時に届かずじまい。

ミニマリスト、無理してタイミングを逃がすと痛い目に合う、これ教訓。

サイト側も注文が殺到し遅延しているらしい。

私のような人がたくさんいたのでしょう。

その中にも心の底からコートが欲しいと思って買った人がたくさんいるんじゃなかろうか。

人は追いつめられると本心が出る。

この寒さに追いつめられて本当に欲しい物が分かった、言わばラッキーな人。

月曜日になり、また少し暖かさが戻ってきました。

だけどもう秋のコートでいいなんて絶対に言わない。

コートはまだ届かず、届く日までこの話は続く…。

温め合えるっていいね。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする