ミニマニストとファッションレンタル、服は持たずとも生きていける?

こんにちは、まちのこです。

あらためて書こう。

ミニマリストとは必要最低限のものだけで暮らす人。

自分に必要な物だけを持つことが、かえって豊かに生きれるという考え。

何を持ち何を持たないかは人それぞれ、共通していることは自分が持つものを厳選していること。

この考え、生き方に憧れてミニマリストの真似事をしている私。

だから減らせるものは減らしていきたい。

その手段があるのなら。

あらゆるものがいっそ所有しないで、レンタルやシェアでまかなえる時代がやってきている。

私も少ないモノで暮らしていきたいのなら、このシステム活用する価値があるか考えてみようの巻。

洋服のこと。

世はレンタル、シェアの時代。

近年増々ミニマム、シンプル志向が高まってかあらゆるものがレンタル、シェアできるようになってきた。

車や電化製品はもう常識。

何なら彼氏彼女や冠婚葬祭の出席者までレンタルできる!

インターネットの普及によって、今まで所有が当たり前とされた年一回使うか使わないようなモノもレンタルで済ませれる。

私が思い浮ぶ代表的なものが来客用の布団。

場所は取るし、干したりクリーニングしたりお世話も大変。

私もこれを知り、来客用の布団を処分しました。

その他街中では新しいところで言うと自転車に傘。

お笑い芸人の有吉さんが以前「俺は傘と自転車はシェアでイイと思ってるから」

そう言ってたけど現実になったね!

ということで所有しなくったって、そこそこ生きていける世の中になってきてるわけです。

所有による管理やメンテナンスから解放されたいという世の中の欲求が今少しずつ形になって来てる。

制服化はもう古い?日常生活の服だってレンタル・シェア。

今、日常生活で着る服だってレンタルできる。

レンタル・シェアはフォーマルドレスだけじゃない。

ミニマリストですもの、大好きなファッション・洋服だって持たずに暮らすが正解か。

ファッションレンタル・シェア。

月額決めてそれによって借りれる回数などが決まるシステム。

有名な所でいうとMECHAKARI。

全て新品。

着たいアイテムを自分で選んでレンタル。

クリーニング不要で返却するか、60日間借りっぱなしで自分のモノにするか。

(借りている間洗濯、クリーニングが必要と思えばするのは可)

こちらは、あくまでも自分の好みのモノを自分で選ぶ。

好みの物を定額でたくさん着れるが売り。

一方air closet

月額でレンタルは同じ。

でも自分の選んだ物ではなく、専属のスタイリストさんが自分に似合いそうな服を毎回3着選んで送ってくるシステム。

契約の時に自分の写真や好みなど登録するのでしょうね。

後日返却の際に商品の感想、要望なども送り、自分好みも取り入れたものが送られてくるようになるらしい。

こちらもクリーニング不要。逆に洗濯をするのはNG行為。

送られてくる商品が全て新品ではないようなので、個人的にした洗濯などで品質を落としたくないというのがあるのでしょう。

自社で品質管理クリーニングなどされてるようです。

こちらは自分で選ぶ手間が省け、自分では選ばないような服にチャレンジ出来るが売り。

プロの見立てにも期待する。

両者とも多くの服を所有、管理しなくてもお金をかけなくても、たくさんのアイテムを着ることが出来ることが共通しています。

持ちたくないのではなく、逆に持ちたい。

毎日の服のレンタル・シェアについては、私の思うミニマズムとは違う気がします。

少ない持ち物で暮らしたい、余計なモノは持ちたくない。

全く持ちたくないとは言ってない。

多くは持ちたくはないけど、厳選した物は逆に持ちたいのです。

服でいうと、好きなモノを繰り返し着ることは平気。

平気というかあえてそうしているのかもしれません。

たくさん持っていたって、どうせ着るのは少しの好きな服ばかりということをミニマリストは知っていますし。

レンタル・シェアすることで月に使う洋服代が減ったとか、もちろん服をたくさん持たずに済むとかはあるようです。

月に返却料金も含めて1万円弱のレンタル料。

普段から月に洋服代1万円も私は使わないかな。

年間12万円で色々な種類を着るよりも、何点か自分の気に入ったものを買う方が私は良いかも。

レンタルした服の返却などの行き来で空白の部分もあるわけだから、自分の服も多少はいるみたい。

ゼロとはやはりいかないようで。

選んだり、返却したりもチョット面倒、そこの段階がもうミニマムじゃない。

しかも、自分じゃなくて他人が選んだ自分に似合うものをどれだけ受け入れることが出来るか不安。

服に関しての私のミニマニズムは、持つことがミニマニズム。

自分の好きなモノを少しだけ。

好きなモノだけを着ていたい、ただそれだけ。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする