誰もが一度はハマる底なし沼⁉着る服がない症候群。

こんにちは、まちのこです。

みなさん春のファッション楽しんでいますか!

〝ファッションを楽しむ〟大袈裟なことではなくて自分にあった自分の好きなものを着ていますか⁉ってことです。

私はお陰様で少ない数の好きな服を少ないローテーションで回し楽しんでいます。

数は少ないけど好きなものがあるというのは幸せな事。

決して当たり前の状況ではなく、好きなものが分からなくなるって状況に陥ることってある。

分からないも含めてこれを〝着る服がない症候群〟って言うらしいです。

私もかつて罹って(かかって)いましたこの病。

気が付けば着る服がない。

以前にこんなことを書きました。

こんにちは、まちのこです。 私の日常はいたって平凡、ありがたいくらいに。 ファッション雑誌の企画なんかにある「1...

私の着る物歴史を振り返るってみて、大きな挫折、そして迷走した時期の話。

あの時着る服がない理由ついて方向性の問題を書いていますが、それ以前にもっと深い闇(?)があったのです。

気が付けば着る服がない、または着る服が分からない。

これは、30歳を過ぎたころにやってきました。

20代、洋服が大好きで似合う・似合わない関係なく好きな服を買い好きなように着る。

似合うかどうか関係ない、というか考えたことがないが正しい言い方かもしれません。

似合うって何?この服が可愛いと思うから着るだけでしょ!

サイズが合わないモノ以外何の疑問も持たず。

大人っぽいのがいいな、可愛い系がいいな、いろいろなジャンルを着て楽しいオシャレライフを過ごしていました。

若さのお蔭で大概の事は乗り切っていた、許されていたのでしょう。

そして、30歳が過ぎ同じように買い物して着ていても、鏡の中の自分に違和感を感じるようになりました。

何かおかしい、もしかして似合ってない⁉

ここからが地獄の始まり。

今の自分を受け入れられない。

30歳をすぎて体は20代よりも衰えている。

もちろん顔だって。

疲れが顔に出るなんて無かったのに~(悲)化粧がのらない日がある~(泣)

気が付いていましたが気が付かないふり。

今の自分は何も20代と何も変わらないと暗示⁉をかけて。

20代の頃読んでいた雑誌を30代過ぎても買い同じようなファッションをする。

30代の自分を受け入れられず、20代にしがみ付いていたかのよう。

裏を返せば、歳をとる事への恐怖心があったのです。

似合わないからの着る物が分からない決定的理由。

20代にしがみ付いていた私。

そうなると、20代のトレンドを追う事になる。

30代の私に20代のトレンドがしっくり来るはずもなく。

それに気が付かず服を買い続け、何も似合わない、着る服がない、何を着ていいか分からないに陥る。

大きな原因は、自分の年齢をはじめ今の自分を受け入れることをせず、若い人に必死について行こうもしくは同等でいようとしていたこと。

必死かっ!

今を生きて、楽しんでいなかったこと。

今を生きて今のオシャレを楽しもう。

歳相応の服。

この響きが私には老け込むイメージがありました。

30代後半にもなると、この言葉がもうおばさんの服しか着れないんだと勝手に思い込みそして落ち込む。

それが嫌で20代のトレンドにしがみ付いていた私。

だけどその方がよっぽど辛くて時にはイタイ。

若くもないのに若い人と同じ格好をしていると、かえって老けが浮き彫りになってしまう現象。

いつまでも若くありたい気持ちが強すぎて。

若い=キレイと思っていました。

そりゃぁ若いのはキレイ、何もしなくてもキレイ。

しかし、若いと若作りは雲泥の差。

若くとキレイをはき違えていました。

歳相応だからといって老け込むことは決してなく。

歳相応とは、その年齢を一番きれいに見せて輝かしてくれる服。

若い頃にしか着れない服もあれば、今の歳になってこそ似合う服もあるのです。

今を生きておしゃれを楽しむ、そう思えば老け込む事もなく今の自分に似合う服が分かり始めるはずです。

本日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする