おしゃれが私を支えてくれた。

こんにちは、まちのこです。

春は気持ちのいい季節です、寒い冬からの解放感ったら最高です!

しかし季節の変わり目は心身ともにしんどいことがあるのも事実。

花粉症に苦しんでおられる方もいらっしやるかと。

急な気温の変化に体調を崩している人も私の周りにいます。

インフルエンザになった人もいますよ(まだ流行っているの?)

私も季節の変わり目には体調不良になるのよ。昨日注射してもらった。

新しい生活を迎える予定で不安でいっぱいの方などなど。

私も何年か前の春は辛かった。

だけど、それを救ってくれたのは今思えばおしゃれの力だったかも。

転勤族の妻は辛いよ。

私の夫は転勤族、これまで何回引っ越しをしたことか。

若い頃は良かったけど、引っ越しも年取るにつれてしんどくなる。

2人家族なので単身赴任という選択はないわけで。

何が辛いかって、全てゼロからのスタート。

結構エネルギーがいりますね、特に人間関係…。

何歳になっても人間関係に悩むもの。

初めての経験でした。

露骨に意地悪をされたのは。

理由なき嫌がらせ⁉

今思い出しても腹立つ(怒)

務めた職場(今の職)で、入った当初特定の人から挨拶しても無視されたり、何かと嫌みを言われたり。

入ったばかり、ブランクのある仕事、私には辛すぎる毎日。

初めて住む街、知り合いなんか誰一人もいない孤独感。

慣れない仕事に生活、毎日が精魂尽き果てるようで。

今までの人生で人間関係に悩んだことがない、なんて今まで幸せだったのか。

これまでが当たり前ではなかったのだと思い知らされました。

35歳を過ぎた頃の出来事で、半年くらいはその状態が続きました。

おしゃれ好きが功を奏して。

当時はミニマリストではありませんでした。

そんな言葉も知らなかったし。

おしゃれが、ファッションが辛い時期でもありましたが

こんにちは、まちのこです。 みなさん春のファッション楽しんでいますか! 〝ファッションを楽しむ〟大袈裟なことでは...

それでも試行錯誤しながらファッションをおしゃれを楽しもうとはしていて。

気分が落ち込まないよう、より一層おしゃれには力をいれ気を配ってたように思います。

意地悪されている事に負けたくはなかった。

しょげてる姿を相手に見せたら相手の思うつぼ。

負けたくなくて、キチンとメイクしておしゃれして笑顔でいるよう心掛けました。

意地悪されてることなんて何とも思ってないし。

あんたなんかに負けてたまるか!意地のぶつかり合いです。

そうすると、周りにいたおしゃれ好きの人達が何かと声をかけてくれるようになりました。

〝これ可愛いですね~どこで買ったんですか!〟

〝いつもどこで服を買っているんですか?〟

そんな会話からスタートして何時しか色々な事を話すようになり、プライベートでも仲良くなりました。

れいの意地悪は続いていましたが、そんなことはどうでもよくなっていました。

私はこの時、勝ったと思っていましたから。

おしゃれの助けを借りてあのおばさんにも、自分の折れそうな心にも。

おしゃれは何時でも味方になってくれる。

ミニマリストになった今でも、ファッションもおしゃれも大好き。

私にとって必要なモノなので手放すつもりはありません。

女性は特に自分の好きなモノを身に着けたり、キレイにしていることで元気になれることが多い。

好きなモノを身に着けるとテンション上がります!

当時は今とおしゃれの価値観が違うけど、おしゃれが好きなきもちは一緒。

だからこそ乗り切れた局面。

おしゃれの力で笑顔でいることができた。

そのことで嫌なパワーを追いやったのです。

人生に無駄な経験などない、そういいます。

あの頃は今より服をたくさん買って所有して駄目な私。

だけど、このケースのように私にパワーと元気をくれたのも事実。

おしゃれが味方になってくれ、支えてくれたことに感謝。

それから、あの時の経験も今日ネタになったからまぁヨシとする⁈

いや、未だに許さんぞ(結構根に持っている笑)

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする