イタイ女にならないために。

こんにちは、まちのこです。

先日、バッグを買おうとしたけどやめた話を書きました。

自分のイメージと違っていたので。

こんにちは、まちのこです。 これからは流行りに振り回されず、自分の暮らしや好みに合ったおしゃれを楽しみたい!といったブログを書...

買う手前だったので自分のモノではないのですが、いろいろ考えて購入を決断したわりにはやめる時清々しい程あっさりで。

これこれ!今見ても何とも思わない。

これまでにも、色々手放してきましたが思い出すことすらなく。

こういうブログを書く過程で、ネタとして薄っすら思い出すことはありますがそこに何の感情もなく。

後悔だってないみたい。

今いらないと思うものは本当にいらないモノ(キッパリ)

モノにだって、消費期限もある⁉

皆さんは手放したモノに後悔したことありますか?

アレを捨てなければよかった、もしくは買うのをやめた後に買っときゃ良かったと思う事。

私はありません。

と言いたいところですがあります、あったはずです。

あったのは覚えていますが、それが何だったかは覚えていません。

あっ、言っておきますが記憶喪失とかではありませんよ(笑)

手放した瞬間から心まで手放していることが分かります。

思い出せない、いや思い出さないようにしているのです。

うんざりして気分だけ下がって得る物がないため。

手にした時は嬉しかったり、楽しかったりしたはずなのに。

賞味期限はとっくに過ぎて、消費期限まで過ぎていたモノをいつまでも食べていたのと同じみたい。

どおりでお腹を壊すと同じくらいイケてないイタイ女だったような気がします。

腐った在庫を持たないように。

モノに対しての自分なりの旬、そう今。

自分の一番いい時を見極めて手に入れる。

まぁ安いからとか、持っていたら何かで使うかかも。

目的なく何となく手に入れたモノは大概知らぬ間に腐っています。

そして、見つけた時、または処分する時、お腹が痛くなる程後悔することもあって。

腐った消費期限を過ぎたモノを在庫として持っていると何となくくすんで見えそう。

今この瞬間にいるもの使うものしか手にしない。

今を生きるのがイタイ女にならない良い方法。

今を大事にしないとイタい⁉

手放しは清く、そして執着をもたない。

手放しは過去、過去はもう捨てられたもの。

捨てたのもを拾いに行く後悔という行為もまたみじめ。

〝かもしれない〟で物を必要以上持つことも誰も分からない未来への恐怖心から自由なれず重い。

今をちゃんと生きてこそ、次につながるはずです。

リアルタイム〝今を生きる〟イイ女を目指して軽やかでいたいものです。

本日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする