ファッションアイテム、ハズしでハズレを引かない方法。

こんにちは、まちのこです。

ファッション雑誌などでよく目にする〝こなれ〟や〝抜け感〟。

自分の着こなしに色付けしておしゃれ度をアップする手段として取り上げられています。

しかし、やり方を間違えるとただの勘違いになりハイリスクのような気もして。

ハズしのリスクに怯えて面白みがない⁉

ファッションにおける〝こなれ〟〝抜け感〟とは。

〝こなれ感〟ここ何年かでよく聞くようになった言葉。

ざっくり言うと〝無理せず着こなしている〟ようするに〝頑張ってオシャレしてます雰囲気〟を出さずあくまでも自然な感じで。

本当におしゃれな人が自然に醸しだす雰囲気らしい。

似たような感じで〝抜け感〟もありますが、こちらはキッチリしていながらナチュラル、リラックス感がある雰囲気。

どちらも、コーディネートに深みや楽しさをプラスさせることが前提にある。

これらを演出するためには、〝ハズシ〟が欠かせないらしい…。

言ってることは何となく分かりますが、なんとも高度テクのような気がして…。

〝ハズシ〟を具体的に。

〝ハズシ〟とはこのスタイルには普通合わせない物をあえて合わせる、といった手法。

エレガントな感じのワンピースにスニーカーとか、カジュアルな格好に高級ジュエリーとか。

あえて、わざとがポイントのよう。

キッチリ着こなしてるが大前提でやりすぎ感をハズすことでバランスを整えるって。

土台が甘いとダメ!

しかもシンプルでナチュラルに!ってそれが一番難しいのに。

いっそ〝こなれ感〟〝抜け感〟自体をハズシて。

若い頃は勢いと若さでなんでも着こなせた部分もありましたが、歳を重ねるごとに着こなせるアイテムも残念ながら減ってきているのを実感。

体形、肌色、生きてきた時間から醸し出る個性、あらゆる変化がそうさせるのでしょうか。

そこにきて〝こなれ〟や〝抜け〟そしてハズシなんて!

ことを複雑にさせること間違いなし!

私のような素人が下手に手をだして、チグハグで滑稽な事になるのは目にみえている。

オシャレの冒険の旅は終わった⁉

逆にやりすぎ感満載になりそうで危険。

それから先、歳を重ねていくにあたって気を配りたいのはキレイに着ること。

私はそうしたい!

だって、若い頃は何もしなくてもキレイだったけど今はそうもいかず。

だからせめて着る物だけでも小綺麗にしようと。

〝こなれ〟に〝抜け〟に〝ハズし〟はオシャレの楽しみ方の1つだとは思いますが、私はもうそれは捨てて、あえて正統派に着こなすオシャレを楽しみたい。

その方が服のよさ、そして自分らしさも伝わりオシャレ度も増していくように思えます。

オシャレ上級者にハズしのテクはお任せして、リアルな生活は誠実にオシャレをした方がハズれを引かないコツなんじゃないかな~とこのブログを通して改めて自分を戒めました。

本日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
  

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする