断捨離のその後、久しぶりの仕切り仕様。

こんにちは、まちのこです。

先日、食器棚を手放し一段と部屋も気持ちもスッキリしました。

ずっと手放したくてモヤモヤしてたので。

こんにちは、まちのこです。 とうとうやってやりました! 私のウチの2大手放し候補たちの断捨離。 ここまで紆...

これです。

手放して本当に正解でした。

食器はキッチン棚の上に置き、使い勝手に困る事はありませんし。

棚に付くホコリや猫毛を気にする必要もなくなりました。

そう、こんな風に手放した後には自分にとって心地良い暮らしが待っている。

だから手放す意味があると思えるのです。

しかし、手放した後がどうも勝手がよろしくない、暮らしに合わない、そうなってしまったら…。

それを我慢しながら暮らすとなるとチョット違う気がするので、少し改善してみる柔軟性は持っていたい。

〝少ない物で暮らす!〟と執着せずにゴールは自分に合ったちょうどいい暮らしをすることだから。

頑な心を手放そう、久々の仕切り体験アンビリバボーの巻。

告白、手放した後の使い勝手の悪さに困惑。

私にとっての物を手放す目的を総括すると、心地良い暮らしがしたいということ。

自分に必要のない物のお世話で時間やお金、体力を取られたくない。

だから自分に必要最低限の物で暮らしたいと思うわけで。

必要最低限と聞くとどうも尖ったイメージ。

そのイメージに寄せ過ぎてしまう自分がいる事も確かで。

やりすぎてしまう事もある。

食器棚を手放してもちろん良かっただけど…。

上記にも書きましたが、食器の置き場所は確保出来て良かったですがカトラリー関係が少々難ありだったのです。

持たない暮らしに仕切られて、仕切りを拒む⁉

お箸やスプーンは食器棚に今まで入れていました。

食器棚がなくなってからは、その置き場がイマイチ定まらず。

まずこうしてみた。

こうすると、料理したり洗い物したりの時にじゃまだった。

それに入れてるマグカップを使う時にいちいち出すのがめんどくさい。

次にキッチンの引き出しに入れてみた。

場所として出し入れもラクで良かったけど、ワイルドにガラガラ状態の所へ直置きしていたので。

引出しを出し入れするたび中がぐちゃぐちゃになり、取り出しにくい事態に。

このままではレンゲやマグカップが傷付いてしまう。

一般的にはこういった引出しを活用する時は、仕切りグッズ的な物を使用することが多いはず。

しかしながら私はこの仕切りグッズがどうも苦手でして。

何が苦手って、この仕切りグッズのお世話、拭いたり洗ったりそんな事をしたくないとズボラ野郎なんです。

持たない暮らしを意識してから、たくさん仕切りグッズ的なものを辞めてきましたし。

こんにちは、まちのこです。 本日やめた入れ物の中の入れ物とはマトリョシカの話ではございません。 今となってはこざ...

仕切りグッズ使うほど物を持たなきゃいいのよという思い。

仕切りグッズなんか使いませんよ、必要最低限の暮らしなんだからというミニマリストの呪縛。

整理整頓を過剰にしなければならない程物を持たない、自分にとって必要最低限の物で暮らしたい思いは揺らぎませんが。

心地良くない、暮らしにくいと感じたなら話は違ってくる。

持たない暮らしを楽しめないなら自分に丁度いい環境ではないという事ですね。

NAKAYAキッチン整理。

観念した私は仕切りグッズを久々に手にしました。

ナカヤ科学産業株式会社のキッチン整理シリーズ。

嬉しいMADE IN JAPAN。

引出のサイズをふんわり採寸して選んだこちらを入れてみると。

ピッタリとはいきませんが、可能な限り入ったのでよかった。

当初ここに入っていた物を入れるだけしか頭にありませんでしたが、せっかく仕切るならもう少し工夫してみるかと。

そしてこうなりました。

カトラリーと朝食に必要なコーヒー・紅茶にマグカップ、使う頻度高のラップ、地味に置き場所に困っていた爪楊枝を入れました。

紅茶も爪楊枝も売られている容器のままで色気がありませんが、奇跡的に隙間にフィットし固定の役目も果たしているので良かった。

久々の仕切り体験、使い勝手が良くなったので仕切って正解でした。

だけど調子に乗って色々やり過ぎると自分のキャパを超えそうなので、ほどほどに。

あっという間に3月。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする