ミニマリストにもある、いざという時。葬祭のために準備したもの。

こんにちは、まちのこです。

〝いざという時なんてこない、だから今必要な物以外持つべからず〟

物を手放す時、不要な物を持たないための殺し文句みたいな言葉。

少ない物で暮らしたい派の私も、物を手放す時には随分この言葉に勇気づけられたものです。

これまで本当にいざという時って思いのほか少なくて、秘密兵器が秘密のまま終わる事が多かったなぁ。

でも絶対ないわけじゃない、いざという時。

私の中の少ない数の〝いざという時の為〟に持っていたいと思っていた物を今回用意することが出来ました。

ミニマリストも心のお守りは持っていたいの巻。

持っていない事が少し不安でした。

普段は必要ではないけど、突然必要になる時が来る。

こればかりは予期できない、それはご不幸事・葬祭やお通夜に参列する時。

私にとっての〝いざという時〟の中にはこの事が入っているので、私の必要最低限の服には喪服があります。

結婚する時に母が持たせてくれたもの。

大人のマナーとして喪服を持っている事はやはり必須。

これぞ本当にいざという時だから。

こんにちは、まちのこです。 ミニマリストの鉄の掟。 いま着ていない衣類は処分すべし! もちろん、それは守っ...

だけど喪服だけでは準備不足な面が私にはありました。

それは、葬祭に行く時の小物を持っていないということ。

分かりやすいところで、バッグ。

お香典やハンカチ、お財布などを入れるためにはやっぱり必要。

これまで不幸事、葬祭に参列するのは地元のみことでした。

ですから地元に戻っての葬祭に参列する時は、実家の母にバッグは借りていました。

これまではそれで良かったけれど、年齢を重ねていく上のお付き合いで、自分たちが住んでいる生活圏内で不幸事が起きるかもしれない。

そうなると私の地元・実家は遠い県外、すぐに借りに行くことなんて無理な話。

だからここ数年持っていないことを内心冷や冷やしていたのです。

喪服を着ているのにバッグはいつもの黒いバッグ、なんていうのは滑稽というかマナー違反だと思うのです。

相手側に失礼に当たらないかというのが、私が一番気を配りたい部分です。

姉から譲りうける。

そんな心配を内心していたところに、姉からナイスな打診がありました。

「喪用のバッグ要らない?」

どうも姉は喪服を新調するらしく、(太ってこれまでのが着れなくなったのか⁈)

それの何点セットかにバッグがついて来るのだそう。

これま使っていたバッグはわざわざ用意したチョット高価な物らしく、姉はそれを使い続けるようで。

その何点セットかに付いてくる決して高価ではないけれど新品のバッグを私に使わないかと言ってきたのです。

いつもなら何か要らないか話はほとんど突っぱねるミニマリストらしい私。

ですが今回のお話はありがた~く頂戴することにしました。

喪の時のバッグと袱紗。

姉から譲り受けたバッグはこちらです。

サテンの布張りで作りも結構しっかりしています。

開けた感じ。

お香典、ハンカチ、財布に携帯電話、充分に入りそうです。

これを機会に自分でも用意した物があります。

お香典を包む袱紗です。

しまむらで購入、980円

開けた感じ。

私も使ってもいいのですが、主人が葬儀に参列する時にあった方がいいと思ったので。

ちなみにこれらは喪服とセットで仕様するので一緒に保管しておくことにしました。

袱紗は主人の喪服の内ポケットに。

バッグは私の喪服と一緒に。

一緒に収納しておくことで、いざ使う時に慌てないで済みます。

滅多に使わない物だからこそ分かりやすくしておいた方が良さそうです。

これらは出番がないに越したことはないのだけれど、とりあえず準備が進んで心の不安が小さくなりました。

後は数珠も必要かな。

数珠は100均とかでも売っているようですが、ちょっとだけお金を出してそれなりの物を買った方がいいそうです。

何故かというと、滅多に使わないからこそ安価の物は劣化が進み数珠がちぎれやすいようで。

葬儀参列時にそんなことが起きたら、参列者の方々に迷惑が掛かるのは目に見えています。

参列者の方が飛び散った数珠玉を踏んでしまい、転んで怪我をさせてしまったら…。

ここはケチらずそれなりの物を用意した方が良さそう、2000~3000円位の物で充分らしいです。

こういう物は思い立ったときに用意しておいた方が良さそうですね。


【数珠袋付き】≪ペア数珠≫ 数珠 男性用(22玉 縞黒檀 青虎目石 正絹房)・数珠 女性用(約7ミリ 本水晶 ローズクォーツ 正絹房)ペアセット【数珠 セット 念珠 略式 法事 葬儀 葬式 法要 夫婦お揃い ギフト 2000500100321】

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする