ミニマリストファッション、悩ましき制服化。

こんにちはまちのこです。

ミニマリストの方の多くが実践されている〝私服の制服化〟

少ない数の服で暮らす最適な方法だし、何と言っても毎日いろいろ考えなくていいから、そこの所の気持ちの負担も減る。

制服化には、こんないい事あるってよ。

こんにちは、まちのこです。 残暑が厳しく、プチストレスを抱えているとやる気がなかなか起きません。 ...

おしゃれも度を超すと辛くなってきますし。

こんにちは、まちのこです。 みなさん春のファッション楽しんでいますか! 〝ファッションを楽しむ〟大袈裟なことでは...

私も随分と服を減らして気が楽になりました。

服ってそんなに要らないんだな、少ない数でも満足できる。

服たくさん持っていることがおしゃれではない。

おしゃれは好きだったけど、ある意味解放されました。

解放され、持ち服は少なくなりそこから自然に制服化のような形になってしまっていますが。

方向性に若干の迷いがあり。

私服の制服化、あなたはどっち⁉の巻。

代表的な制服化。

ミニマリストの皆さんで制服化を取り入れている方の共通点は、持ち服が少ない事。

そりゃそうだ。

そこから色々こだわりというか、流派といいますか分かれます。

同じデザインの服しか着ない、(代表的なのがスティーブン・ジョブズ)

こんなカリスマ的制服化をされているのは少数派でしょう。

一般的なスタイルは。

・プチプラアイテムをワンシーズンで着倒す派。

・高価な物を少しだけ、大事に長く着る。

この2つ。

2つの制服化の利点・難点。

この代表的な制服化スタイルの利点は何でしょう。

もちろん難点もあるよね・きっと。

着倒しの利点。

  • ファストファッションで実践している方が多いので、衣服費が安く抑えられているはず。
  • 価格が安いため、少ない数でも流行に挑戦しやすい。
  • 着倒すため、毎シーズン服を買う楽しみが味わえる。
  • 毎シーズン新品を着る嬉しさがある。

難点。

  • 価格の安い服だと繰り返し着ることによって服の痛みが早そう。
  • 上記のことから、シーズン前半はいいが後半の服のコンディションが心配。
  • ファストファッションは多く流通しているからカブリ率が高い。
  • 短いスパンで捨てることに若干の心苦しさが出るかも。

いいモノを少しだけ、長い期間大事に着るの利点。

  • 高い物は素直に品質がいいモノが多い。
  • サイズ感、色味などが安っぽさがない。
  • 長く着てもヘタれない。
  • 物を大事にする、キレイに使う習慣がつく。

難点。

  • 価格が高く手が出しにくい。
  • 価格が高いので、流行物に手が出にくい。
  • お手入れに時間とお金(クリーニング代)がかかる。
  • 高価と思うと傷んだり、流行おくれを感じても手放しにくい感情が生まれる。

以上私の独断と偏見の考え。

自分の暮らしにあった制服化を。

2大制服化スタイルにも利点・難点それぞれあるようで。

それも含めて自分にあったスタイルはどちらだろう。

私の場合。

数が少ないとはいえ高価な服ばかりは買えない。

ファストファッションは苦手(上手く着こなせず)

どっちつかずの状況なので悩んでいるんですが。

制服化の問題だけでなく、ミニマリストとして少ない数の服をどのように持つか。

どっちものいいとこ取りが希望なスタイルなんだけど~。

現時点は、夏物Tシャツは高価といっても手の出ない金額ではないので、少し高くても好きな物を買い着倒す。

今年の夏は着倒した。

冬物、セーター・コートは自分にとっては高価な物が多いので大事に手入れしながら長く着る。

いずれもファストファッションは買わない。

服の所有の数は減ったものの、方向性に若干の迷いがあるところがまだまだ甘々のミニマリストでございます。

甘々ねこ。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする