ミニマリスト、少ない服でおしゃれになれたのか。

こんにちは、まちのこです。

ミニマム生活を始め服をけっこう少なくしました。

一番最初に手放しを開始したところかもしれません。

手放ししていく中で、どうしようもない服が多い事にがくぜんとしたな~。

くたびれてる、着てない、この先も着る予定なしの服を後生大事に持っていたものだと。

世の中も私服の制服化だの、お気に入りの服だけ持とうだの。

少ない服でおしゃれしていこうブームの兆しも見えるこのところ。

気にいった服を少しだけ持つことが、おしゃれになれるコツ⁉。

これにそう書いてあった。

私もミニマム生活を期にどうしようもない服を持つのはやめようと決意。

いつか着ようとしてた服ほどイケてないし。

こんにちは、まちのこです。 少し前まで、たくさん服を持っているのに繰り返し服を買っていました。 繰り返し買う服も...

そんな風になりたくて少ない服で暮らしてみました。

こんにちは、まちのこです。 ファッションに関する事は何かと関心があります。 流行りにガツガツ乗っていくのではなくトレンド...

で、どうだった⁇の巻。

服が少ないとおしゃれになれるのか?

服を少なくしてはみたけれど、正直おしゃれになった~って実感はなし。

だいたい〝おしゃれになった〟とは実は他人目線の話で、実感してる人ってそんなにいないのかも。

「私おしゃれになったよねーっ」て言ってる人出会ったことがないもの。

服を減らして今のところ他人からおしゃれになったねと言われてはいないので、おしゃれになったとは言い切れません。

だけど、おしゃれな人達に数ミリでも近づいたかもと思うところあり。

赤の首輪がおしゃれでしょ!

服を少なくして起きた変化。

服を手放すということは、取捨選択をするということ。

これを繰り返していくと、自分の好きな系統が分かってきました。

残した服の系統が決してバラバラではなく、偏っていることが分かり。

フラフラしていた着たい服の方向性が見えてきました。

あれもこれもと手を出しての頃とは違い、いい意味で好き嫌いがはっきりとして買い物が随分楽になりました。

また、残した少ない服の中でも結局着る服は更に絞られることへの気づき。

こんにちは、まちのこです。 7月も3分の1が過ぎようとしています。 もう夏真っ盛り、サントリーのほろよいのCMの...

毎日のように同じ服を着ていても気分は悪くない。

みじめな感じもない、それは本当に好きな服だから。

たくさんの服を着る事だけが幸福感をもたらすわけじゃなく、気に入った物を着ることが満足感を得られることも知れました。

結局おしゃれな人ってどんな人?

私が思うおしゃれな人って自分を知っている人。

自分の好きな物を知っていて、自分に似合うものも知っている。

このポイントを押さえていると、他人からおしゃれな人という評価が付くのでは。

似合っているの線上の先におしゃれだねがあると思う。

どんなにトレンドを抑えていても似合ってないと印象がイマイチだし。

自分を知る事は一番難しいけど、服を少なくしてみるとそのヒントは得られるのは確かでした。

おしゃれになったかは志し半ば。

だけどはっきり言える事は暮らしやすくなりました。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする