コンパクトライフ住まいについて、私にとって理想のお部屋はここにある。

こんにちは、まちのこです。

先週、久しぶりに旅行へ出かけました。

必要なものはレンタルで。

こんにちは、まちのこです。 旅行に行っていたり、母が旅行の前後泊まりに来ていたりでブログの更新も久々でございます。 ...

旅は環境がガラリと変わり、旅の間はずっと非日常。

気分転換にもなりましたし、新たな発見に出会う事もありました。

そんなこんなで、引きこもり系の私には何かと刺激の強い3泊4日。

だから少し疲れてしまい、帰ってくるなり結局はウチが一番いいねと言う始末。

お出迎えはありました。

今回の旅で暮らしのヒントを見つけたので、みやげ話程度に書いてみよう。

暮らすって結局このくらいで事足りるはずの巻。

旅の楽しみの1つです。

旅行は非日常、衣食住全てが。

(衣に関しては旅館やホテルの浴衣のような物を利用するならばね)

その非日常を楽しむのが旅の醍醐味なわけですが。

私が一番楽しみにしている非日常、それは豪華なお食事とかではなく泊まるお宿。

ホテルや旅館のお部屋が楽しみ!

食も良かったけどね。、メインのステーキが来てない時の写真だった(汗)

気に入ったホテルで観光なんて行かずホテルでゆっくり、なんてやってみたい!

いかん、すぐ引きこもり系が顔を出す(笑)

旅の疲れをステキなお宿でゆっくりと癒す、整えられた贅沢な空間、まさに非日常。

今回の旅も素敵なホテルに泊まる事ができました。

こんなに素敵な空間を目の前にして。

私の泊まったお部屋を少しご紹介します。

気持ちのいいベッド。

応接コーナー。

テレビにデスクに鏡、下には収納の引き出し。

バスとトイレ。

お部屋に入ってすぐがクローゼットでした。

ホントにステキ過ぎて住みたいくらい。

そう、住みたいから、住む・暮らすってこのくらいで充分なのでは⁉と思ったのです。

本来このくらいで充分なハズ。

このお部屋はデラックスやスイートルームではないので、写真に収めたもの全て1部屋にあるわけです。

1つの空間に必要なもの全てがある。

ここはホテルですが、これに小さいキッチンでもついていれば完璧!

必要な物だけがある、飾りやいつの間にか増えていく小物なんて一切ない。

一切ないから、1部屋に集約されていても圧迫感もないし窮屈感もない。

清潔感に溢れ、心身ともにくつろげる空間になっている。

2日目のホテルも素敵でした。

家族構成にもよりますが、ウチのような2人暮らしにはこのくらいの空間で充分だなと。

お部屋作りの参考にホテルはとっても適しているように思えます。

だって、ここには必要な物が1部屋にキレイ過ぎるくらい収まって快適そのものなのだから。

これからますますコンパクト・ミニマルライフに力が入りそう。

家がごちゃついてきたら、物がつい増えてきたら思い出そう、このすてきなホテルの理想的お部屋を。

やっぱり家が好き。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする