手帳の活用術。お金と向き合う、稼ぐ、増やすより大切なこと。

こんにちは、まちのこです。

新しい環境になってから、勤労意欲が激変。

こんにちは、まちのこです。 今日は魅惑の3連休の最終日。 まるで24時間テレビを見ながら夏休みが終わる絶望感にさ...

国民の三大義務の(勤勉・勤労・納税)1つに意欲的でないことをどうか安倍さんお許しください。

私なりの働き方改革やっています。

働く時間を減らすということは、もちろん収入が減るということ。

生きていくためにはやはりお金は必要なわけで、ここもちゃんと考えよう。

この子達も育てていかねば。

働き方改革は暮らしの改革、お金の改革。

お金は大事だよの巻。

お金、稼ぐより、増やすよりまず大切な事。

これまで兼業主婦でいることが多かった結婚生活。

子どももいないし、地元にいるわけでもないのでコミュニティを求めつつお金を稼いでいました。

稼いでいたからそれなりに貯蓄は増えたかというとそうでもなく。

結婚当初の専業主婦時代の方がちゃんと貯めれていました。

稼いでも稼いだ分だけ使っていたような。

仕事で疲れたと言っては外食や中食して、それなりの金額使っているし。

暮らしを家計をあまり把握してない感じもあったので、買い物にも無駄が多い。

持ってるのにかったり、必要ないのに買ったり。

服や化粧品も雑貨もたくさん買ってた。

稼いでいました、貯蓄も少しはしていました。

でも決定的にしていなかったのは、支出の把握と支出を抑えること。

ここに気を配る気力も体力も残っていなかったこれまで。

また働けばいいかと思いながら雑にお金を使っていたような。

少し働く時間を減らして体力・気力も回復してきているのでまずは支出の把握から取り組もうと思います。

把握、まずはここから。

ミニマリストになってから、以前よりは暮らしを把握出来るようにはなりました。

物が少なくなり見通しが良くなったせいで無駄に買う事も減りました。

大きな買い物の支出は把握できるようになったけど、日々の暮らしの支出の他お金事はまだまだ〝どんぶり〟気味だし無駄はまだあると思う。

初めの一歩として家計簿をつけてみることにしました。

本当に今更な感じでお恥ずかしいです。

結婚当初はつけていました、兼業主婦になってからもチョットだけ。

だけど、書くだけで反省なしなところが無駄かなと思いやめてしまいました。

今回は少しゆるめからスタート。

反省よりまずは把握から。

私の家計簿。

書くタイプの家計簿に決めました。

チョット前の私なら、好みの家計簿を買おうとしたでしょう。

ここでまたプチ支出。

形から入るタイプはこのプチ支出が結構バカにならないのです。

書き出して把握できるなら何でもいい。

でも続けやすい形にはしたいので、自分のスケジュール帳に書いてみることにしました。

手帳は夢を広げてくれます。

こんにちは、まちのこです。 GIRLでもないし、アラサーでもありませんが気になる特集があったので雑誌〝andGIRL2月号〟を...

光熱費、通信費、保険は毎月書き出していて、取り合えずチェックはしていました。

だからここはそこそこ把握済み。

把握しておらずどんぶり系になっているのは食費、雑費、猫費です。

朝早い撮影は暗いっ!私達おかね結構かかります。

これをだらだら使っていたのでどのくらい毎月かかっているかをまず把握。

財布の中をキレイに保ちたくて、レシートすぐ捨ててたもんな~。

これを使った日に書いていく、シンプルな方法。

あまり細かくジャンルなど分けると続かないので、食費・雑費はまとめて、後は猫費。

今月部分の手帳にいろいろ書きすぎて見苦しいため、別の月で再現。

これを週単位でも合計してまずは把握しようかな。

家計簿をつけてみて。

この方法で書き出してみて5日が経ちました。

たった5日ですが少し変化がありました。

家計簿をつけている=家計管理をしっかりやろうとしていると脳みそが意識しだしたのか。

買い物がより慎重になり、無駄に嗜好品をかってない。

我慢とかなしに欲しくなくなっている。

でも無理な節約は禁物。

こんにちは、まちのこです。 最近お金の使い方について少し考えるようになりました(今頃!) 何故かというと働き方を考え始め...

なんとなくで買い物していない。

これいつか使うかもとか安いからと今要らない物は買わなくなった。

家計管理の理由の奥底には、働きたくないというお恥ずかしい理由がある。

働きたくない思いは物欲まで超えていく・凄!

親子リンク再び。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする