ミニマリストキッチン、もう少しミニマムに。

こんにちは、まちのこです。

キッチンが随分ミニマムになりました。

引っ越し前に少し収納を見直そうと決心したっけな。

こんにちは、まちのこです。 今月のご挨拶の言葉になってます、10年目ぶりに主人が転勤になりまして。 仕事に行って...

新しい住まいで早速実践して問題なく過ごせています。

ミニマムにして正解だったので、今回もう少しミニマムに挑戦してみようの巻。

キッチンについて。

前家のキッチン、随分昭和な雰囲気漂っています。

今はこんな洒落たキッチンになりました。

こちらは自前の棚です。

前家では洗面所の棚として使用。

タオルやシャンプーを置いて。

今回、この自前棚スペースを少しテコ入れしようかと。

当たり前の見方を変えて。

以前から当たり前のようにそうしてきました。

疑うことなく。

そんな事って日常生活に多い気がします。

そうしている理由を聞かれても答えられないこと。

答えられるとしたら、昔からそうしてきたから、とその程度のかえし。

私の場合これがそうでした。

炊飯器です。

これまでの人生、キッチンの棚の上に当たり前のように置かれていました。

毎日は使うけど、しょっちゅうは使わない。

そんなに使わないのに、いつも出しっぱなしの状態なのは、家電だと思っているから。

確かに家電です、立ち位置は電子レンジと同じ。

ここで見方を変えてみて。

炊飯器を家電じゃなく鍋と思ったらどうだろう。

出しっぱなしでなく収納してもいいのでは。

鍋のように使う時だけ出してという感覚でもいけるのでは!?

思いを形にしてみました。

キッチン下に鍋をはじめボールやザルが収納してあります。

まだスペースに余裕があるので、ここに収納してみることにしました。

思い込みを手放して棚の上がスッキリ。

このようにされてる方結構多いんですね、私も早く気が付けば良かった。

いつもの風景に疑問を持ってみるのも自分らしい暮らしを作るヒントになりますね。

こんにちは、まちのこです。 捨てて生活してみると、結構その方がよかったりすることがあります。 それは常識的とか、...

天使の輪?

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする