これが節約の基本、裏ワザで無駄な支出を減らしたい。

こんにちは、まちのこです。

2018年はお金の事にも結構向き合いました。

お金はだいじだよ~。

こんにちは、まちのこです。 新しい環境になってから、勤労意欲が激変。 国民の三大義務の(勤勉・勤...

2019年もこの調子で、お金は大事にしていきたい。

そこでこの記事が気になる、気になる。

もしもあなたが節約に関して初心者なら、まずは月1万円を貯蓄してみてはいかがでしょ - Yahoo!ニュース(ananweb)

2019年も無駄な支出を減らして上手に節約していきたいの巻。

無駄な支出を抑えて貯蓄にまわす。

ここでは節約初心者に1万円からの貯蓄にチャレンジをオススメしています。

月に1万円、1日に換算すると333円。

こう考えるとハードルも低い。

無駄な支出を抑えてそこから貯金のお金を捻出。

1万円といかなくても、いつもの貯金プラス無駄ことをやめたことでお金が残っていくのは嬉しいかも。

もっともシンプルでもっとも難しい方法。

無駄を抑えることは、場合によっては自分の欲と向き合わなければならないことも。

・1番お金をかけているところにメスを入れる。

欲のコントロールが出来れば、確実にお金は貯まると。

私の場合は何だろう…。

ミニマリストになる前は、確実に洋服や化粧品にかけるお金だったと思う。

着もしない物、もしくは大して欲しくない物をたくさん買っていた。

これを上手にコントロール出来ていたら、もっとお金が残っていただろうと今でも思う。

だからこそ、無駄には早いところ気が付いておきたい。

今は形に残る物にお金は使わなくなったけど、たまに仕事の前にカフェに寄ったり、家で食べるお菓子を買ったり〝消えモノ〟に使っているか⁉

これを無駄とカウントするかどうかは、使っている金額ではんだんしたいところ。

幸い見栄のためにやっていることや、嫌々やっていることにお金は使っていないので良かった。

仕事に行くのが嫌で気持ちを落ち着かせるためにカフェに寄ってないか…。

財布の中身を変える。

財布の中身を変えることで、使い方が変わる場合があるとあります。

今は春財布の時期ですが。

新しい財布を買う事で入れるお金がなくなったなんてこともありますから。

よっぽど傷んだ財布じゃない限り、財布そのものよりまずは中身が大事でしょって話です。

・クレジットカードを使うのを止めて、現金で生活。

クレジットは便利だけどお金を使う感覚を鈍らせることがあると。

私がまさしくそれで、クレジットカードを使うのを止めました。

今はキャッシュレス時代、クレジットカードを使う事でポイントが貯まるなんていうのもありますが。

簡単に払えるから、簡単に物を買ってしまう。

お金を気が付いたら思っている以上に使っていました。

時代に逆行していようと、乗り遅れようと、自分に合わないと思う事は潔く止めて正解。

自分がお金の管理しやすい方法をとることが、無駄を抑える事につながってくのではないでしょうか。

他にも千円札は少なめに、1万円札を入れておくと崩したくない心理が働いて支出を抑える事が可能になるとか。

私の場合、お札が小銭になり小銭が増えるのが嫌で、小銭は端数が払えるようなるべく用意しています。

お札を崩さない方向性は近いかもしれません。

何よりお財布の中を把握しておくことは無駄遣いを抑える手助けにはなっているような。

お金を使わずに生活できますか?

毎日お金を使っていますか?

意外と1日くらいならお金を使わなくてもどうにかなる⁉。

お正月・元日は1円も使わなかったような。

イヤ、使ったね神社のお賽銭に…。

だけど、これは1年に1回の特別な事、お買い物には使っていない。

苦しい言い訳ですが、ここでは〝ノーマネーデー〟週に1度お金を使わない日を設けてはとあります。

これは単純にいいなと思いました。

使う機会自体を減らしていこうってこと。

私は買いだめはしないので、ちょこちょこ買い物へ出かけます。

それでも週1くらいはそれを止めて、家にある物でなんとか乗り切ってみる。

そうすることで無駄か無駄じゃないかは別として、支出は自ずと減るでしょう。

お金を使う事を意識する。

・自分の無駄使いをもう一度考えてみる。

・現金で暮らしてみる。

・お金を使わない日を設ける。

これらで無駄を抑えて1万円貯金を目標にから始まりましたが。

貯めよう・貯めようだけじゃ目的がないと続きにくい、節約・節約ばっかりじゃ殺伐としてきてつまらない。

今回の3つから言えることは、ダラダラ使ってはダメ、お金を使う事をちゃんと意識して。

そうすれば無駄も自然に減っていき、お金も手元に残りそう。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする