ミニマリスト、どうする母の日⁈

こんにちは、まちのこです。

5月に入りあのイベントが頭をよぎります。

母の日。

私は母の日のお祝いをするのは2カ所。

実母と義理の母。

2人とも元気で何よりです。

毎年悩みます、母の日何を送るか、今年はどうする⁉

これまでの母の日事情。

私の母の日のお祝いは2ヵ所。

2ヵ所とも県外。

ですので、どうしても郵送で済ましてしまいます。

本当なら帰省でもして元気な姿を見るがてら直接渡す、がいいのでしょうけど…。

インターネットサイトで主にお花を送っていました。

カーネーションがらみの盛花。

生花やブリザーブドフラワーなど。

正直ありきたりな感じが毎年で、これでいいのかと思って早数年。

贈る側も飽きてきた感もありました。

母たちはもちろん、ありがとうとは言いますが。

実家に帰って見た風景は。

そんな数年が過ぎ、昨年実家に帰った時に見た風景に少し考えさせられまして。

ここ数年の異常気象で生花モノを贈ってもすぐにくたびれる、そんな話を母から聞いていて。

そこからは、ブリザーブドフラワーを贈っていました。

その歴代の?ブリザーブドフラワーが玄関に飾ってあったわけですが。

贈っといて何なんですが、数がすごい事になっている。

ウチの母はややマキシマリストと言いますか、モノが捨てられないタイプ。

毎年更新するかのように、前年度のは処分し飾ってれば良かったのでしょうけど。

数も揃えばごちゃごちゃとして、魅力も半減。

若干ホコリかぶってない!?って感じ。

他にも生花の盛花に使ってあったであろう籠のようなものも部屋の片隅に重ねて置いてあり。

俗にいう〝なんかあった時のために〟でとってあるのでしょうけど。

それを見て母の暮らしに今更口を挟むつもりもないし、自分の価値観を押し付けるつもりもありません。

元気に楽しく暮らしてくれているのでいいと思っています。

娘からの贈り物を捨てられなかったのかもしれません。

しかしこの先これらが溜まっていくかと思うと…。

贈る側の私がどうしてもミニマリスト思考になっているため、この状況がいいとは思えず。

今年の母の日準備に取り掛かる時期を迎えたのです。

暮らしに寄り添う贈り物をもう一度。

ここ数年、いやずっと前から母への贈り物は頭を悩ませていました。

私にボキャブラリーが足りないのか、考え過ぎてしまうのか。

身に着けるものは好みがあるし、食べ物だって一人暮らしだからそんなにたくさん贈っても…。

そのループで結局無難に花でいいかとなり。

しかしその花も、今回のことで限界を迎えたように思い、もう一度母の暮らしを考えてみようかと。

もう長い事一緒に暮らしてはいませんので、帰省した時の記憶しか考える材料がありません。

好みを問われるものはなし、一人暮らしを考慮したもの。

そして出した結論は、紅茶。

果たしなく地味ですが、母は毎朝紅茶を飲んでおり、それもきっと高い紅茶は飲んでいないはず。

じゃあ自分では買わないであろうチョット贅沢紅茶。

美味しいものを飲んでもらいたい、そう思う。

毎朝飲んでるモノだからきっと邪魔にもならず、喜んで消費していってくれるだろうと。

贈り物はやはり相手を思う気持ちも一緒に贈るもの。

自分の自己満足だけでは本当に喜んでもらえないと思うのです。

プレゼントっ本当に難しい、いつまでたっても上手になりません。

義理母の方には、主人の弟と二人暮らしなのでチョットいいウナギを2食分贈りました。

義理母はウナギが好きなのもあり、母の日に食べてもらいたい。

ウナギはこちらで注文しました。カーネーションを付けてくれるみたい。

紅茶はこちらで。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする