暮らしの見直し、大切なことに向き合うきっかけ無印良品の食器。

こんにちは、まちのこです。

唐突ですが私のウチは食器が少ない。

この量で事足りているので増やすこともなく。減らすこともなく。

この前減ったので元の数にもどしたマグカップ。

こんにちは、まちのこです。 少ない物で暮らしていると管理もお世話もラクで良い。 ただ2つあったものが1つになった...

事足りてはいるけど、使い勝手が良いかは別問題。

秘かに気になっていた〝微妙なお皿〟今回チョット見直してみました。

少ない数だからこそ細部にこだわりたいの巻。

暮らしに合ったお皿の数。

私のウチは2人暮らし。

2人揃って食事をするのは夜だけ。

昼は仕事先でお弁当か外食、朝も出掛ける時間が違うので食事のタイミングも時間差。

こうなるとお皿って本当にたくさんは必要ありません。

お皿に限ってじゃないけど、持ち物って家族構成と毎日の暮らしのパターンを考えればおのずと必要な数って決まってくるはず。

それがなかなか出来なかったけど、ここについて立ち止まって考えれたこと、ミニマリストなったこと以前に良かったことです。

食事に合った食器を使う、食器にはそんな楽しみ方もありますが。

これもほどほどにしないと数は増えていきますね、〝好きな物を少しだけ〟がやっぱり私は理想です。

お皿へのこだわり、大切なこと。

お皿へのこだわりは随分減りました。

和食だから和食器とかそんなこともなく、ただシンプルな物を使うようにしています。

1つこだわりを言えば重い食器はあまり使いたくありません。

北欧の物とか、重厚な作りの物は使っていて疲れてしまいます。

こんにちは、まちのこです。 皆さんは毎日軽やかに過ごされていますか? 私はお軽いのが好き 何の話しかというと、食器の話です...

しかし、もう少しこだわっても良かったかなと思う部分もあります。

使い勝手、とっても大事な事なのに。

9割のお皿が使い勝手が良かったため1割を良しとしていた部分もありまして。

使うたびに微妙な感覚。

これです、なんてことないシンプルなお皿。

正直どこで買ったとか、どのように手に入れたとか覚えていないくらい雑な扱い。

一見オールマイティに見えますが、私には使い勝手が悪い微妙な立ち位置。

重くはないのですが、深さがもう少しあれば…。

物足りないままウチのメイン皿2枚中1枚として使用。

無印良品で丁度いいお皿。

この微妙なお皿を何とかせねば、その思いはいつもありました。

その割にはお皿を探すことも、見ることもしておらず。

とりあえず事足りいたので、ズルズルいっていたのですが他の目的で立ち寄った無印良品に丁度いい出会いがありました。

写真では違いが伝わりませんね…少しブルーがかっていて深さも程よくあるのです。

左です、少し深いでしょ!

惚れ込んだので少し大きめも1枚追加。

白の微妙な皿は手放しで、ウチのメイン皿は3枚になりました。

奥の元からある皿は使い勝手がいいので手放せない。

皿を増やした分ちゃんとお料理しなくては…。

私の皿、いい加減値札取んなさいよ。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする