ミニマリスト、買った物に責任を持つために。

こんにちは、まちのこです。

ここ1年物の手放しを進めてきて、身の回りが随分スッキリとしてきました。

同時に自分の好みもシンプル系になり。

服も白や黒がお好み。

以前は少し可愛い感じも好きでした。

ピンクとか、このブログにもその片鱗が残ります。

好みが変わる。

長い人生ですもん、そりゃぁ何度かあると思います。

その時の自分の年齢、時代、流行り…ets。

今はシンプルな感じが好きで、この先も変わらない気はしていますがどうでしょうか。

変わらないとは言い切れない、人生何があるか分からないし。

この白黒はずっと好きだよ。

だからこそ持ち物は少なくし、そんな自分の変化にも柔軟でいたい。

好きな物を少しだけ持ている暮らしは憧れです。

今、まだまだこころざし半ば。

好みが変わったからと言って持ち物をいっぺんに総とっかえ出来るものではありません。

いっぺんには心とフトコロが痛みますもん。

住まいの形が変わり、こちらも買わずに持っていたものでダイニングテーブル。

だからこそ、買い物は真剣に慎重にしなければならないと思うのです。

自分の戒めのために、たとえ好みが変わったとしてもの巻。

私のミニマリストの形。

ミニマリストに憧れて、たくさんの物を手放してきました。

服に雑貨、生活用品。

手放した物に共通するのは〝使っていない物〟

ようするにその時の私には必要のない物ばかり。

先日も手放し。

こんにちはまちのこです。 本日8月31日、今日で夏も終わり。 これは学校の夏休みが8月31日で終わり=夏も終わり...

だから手放して後悔したこともありません。

ミニマリストは自分に必要のない物は持たないの定義にそって、そのスタンスでいます。

好みではない物との付き合い方。

冒頭で書きましたが、人は好みが変わることがある。

そうなると、今まで素敵に思えていたものが急に色あせて見えてきます。

服はとたんに着なくなり、私には不要リストへ入ります。

食器なんかもそう。

着なくなる、使わなくなる、そうなるとミニマリストとして手放し。

その他、破損しても手放し。

使っている物だったらどうだろう。

破損もせず健在で。

毎日っている物がデザイン・色が好みではなくなったら。

好みじゃないから捨てて買い替え?

私の場合使います、好みじゃないからといって手放しはしません。

使っていない物は手放す、使っている物は自分には必要ということ。

そのルールにのっとって。

こちらの洗濯かご。

毎日使っています。

派手なピンク、今では絶対に選びません。

これだってそう。

こんにちは、まちのこです。 引っ越してきて住まいが変わり生活も変わりました。 今も以前も賃貸です...

びっくりするほど高価な物ではないため、買い替えることもできます。

だけど、これを使うのは自分にとってちょっとした戒め。

何も考えずにただ可愛いと思ったら買っていた少し前。

自分の考え、暮らしが方がブレブレで。

買っても使わなかったり、すぐ飽きてしまうような買い物の仕方をしていたあの頃。

好みじゃないからと安易な買い替えは、あの頃としていることが変わらないんじゃないかと思えるのです。

自分に必要な物は持たない、安易な買い物の仕方はしない、買った物には責任を持つ。

今の自分の暮らしの軸をぶれさせないために。

今年の夏はこれをよく飲んでなぁ~。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする