最高!続・暮らしを少し欧米か!

こんにちは、まちのこです。

先月から主人のダイエット目的で夕飯は毎日鍋。

こんにちは、まちのこです。 主人が先日の健康診断で体重を落とすように指摘されダイエットを決行しなければならなくなりました。 ...

一汁一菜のような食事。

その後の暮らしの変化のレポートです。

いいことずくめの1ヵ月。

鍋生活、始めてから約1ヶ月が経とうとしています。

友人からの結婚祝いお返し、自分でカタログから選んだ鍋も月半ばに届き。

こんにちは、まちのこです。 先日、私の友人が結婚しました。 40代初婚同士、おめでたい限りです。 結婚式・...

今日は鍋が主役なので、お母さんはぶれました。

この1ヵ月の成果はどうだったかというと。

当初の目的、体重は落ちたのか?

はい3キロ落ちました!

主人お腹周り、随分スッキリし以前の履いていたボトムが少しゆるいとのこと。

1ヵ月弱でこの成果は嬉しい限り。

食事の準備に関してはどうか⁈

もちろん、大満足としか言いようがない(嬉)

色々な味をローテーションしていますので飽きることはありませんでした。

毎日いろいろと作っていた頃に比べたら、献立を考える時間が10分の1に減ったのもよかった。

以前は栄養のバランスとか味のバランスとか考えて、献立がなかなか決まらないことも多々あり。

しかし今は鍋って抜群の栄養バランス、野菜も前よりたっぷり取れています。

たまに+納豆!

献立さえ決まってれば、買い物なんて楽勝です。

鍋だし、だいたい買うもの決まってくるので。

無駄買いはなし。

全てをしっかり使い切り、廃棄もほとんどゼロ。

一番はいいのは後片付け。

使う食器も少ないし、調理道具だってもちろん少ないので時短中の時短。

この辺の食器この1ヵ月出番なしだった。

一番よかったのはこれ。

この鍋生活にしてから一番良かったのは、私としては精神的解放かもしれません。

毎日疲れて帰ってきてからの夕飯作り、その後の片付けも含めキツかった。

家族とゆっくりできる時間は夕飯の時しかないのに、疲れて機嫌が悪い日もあったっけ。

どこか生活を食事作りに支配されてる感覚。

決して料理は嫌いじゃないはずなのに、いつしか憂鬱材料の1つになってたような。

それが鍋にしてからは、準備、片付けの負担が減ることで、サッと準備できサッと食べられサッと片付けられる。

そんな食事のリズムが気を楽にさせてくれ、心から家族との時間をリラックスして過ごせるようになりました。

主人も私の機嫌がいいのがいいようです(笑)

自分たちの暮らしは自分たちのために。

主人も今の食事に不満はないようです。

ダイエット、我慢って感じはしないみたい。

時々お菓子食べたり、お酒飲んだり外食したりして無理なく進めてこれたのがよかったかもしれません。

この先もしばらくこの生活は続けようと思います。

ダイエットとはいかに自分の暮らしに溶け込ますことができるかが大事。

自然に出来るように、それが当たり前になるように。

だからあまり無理もしません、長い目で見てやっていけるように。

ダイエット目的で始めた、暮らしを少し欧米化!

たくさんの良い副産物があり、誰のためでもない、自分たちのための心地い暮らしをまた見つけることが出来ました。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする