新しい暮らし、改めてゴミと向き合う。

こんにちは、まちのこです。

今月引っ越して住む自治体が変わりました。

こんにちは、まちのこです。 人は忘れる生き物です。 忘れかけた時に突然やってきて、現実に引き戻される。 分...

住むところが変われば決まりも変わる。

暮らしにダイレクトに関わる決まりの1つゴミ出し・ゴミの分別問題。

引っ越し移動の急ぐ道中、住む自治体に入るや否やコンビニに寄り、ゴミの指定袋を買いました。

袋1つ違うだけで収集してくれませんもんね。

ここに来て、ゴミと改めて真面目に(今頃)向き合い、分別とリサイクル一筋縄ではいかないの巻。

ゴミ分別と私。

引っ越しの時も結構捨ててゴミを出しました。

こんにちは、まちのこです。 ただいま引っ越し前に付き、荷作り準備中。 火曜日から4日間勤め先からお暇をい...

しかし今回は日々の生活ゴミのこと。

これまで、お恥ずかしい話ですがゴミ分別にそんなに協力で無かった私。

前自治体では、取り合えず燃やせるゴミ・缶・ビン・ペットボトルは分けて収集日に出していました。

〝結構何でも燃やせるゴミで持って行ってくれるよ〟

そんな地元民の甘い言葉に、ついついこのくらいの分別しかやってこなかった。

だからゴミ箱は大きなメインの燃やせるゴミ用が1つ。

メインのゴミ箱。

ペットシート用小さなゴミ箱1つ、洗面台に1つのミニマルな感じ。

全て燃やせるゴミのためのゴミ箱。

缶・瓶は同じ分別袋だったので流し台の下にビニール袋ごと入れてました。

(もちろんキレイに洗って)

ペットボトルも缶・瓶と同じように。

要するにゴミ箱なし状態。

これらは週1回の収集でどんなに少なくても次週に持ち越さず毎週出していました。

そして忙しい⁉を言い訳に、面倒くさいの本音のもとあるカテゴリーの分別は一切してきませんでした。

ルールを守ってこそその土地の人間になれる。

今の自治体に越してきて、取り合えず燃やせるゴミの袋は買った。

今までのノリで分別の同じ感じだろうと思っていたのですが。

どうも不動産屋さんからもらった書類の中のゴミの分別基準が何だか厳しそう。

しっかり取り組む自治体なのかもと。

しかも今回の住まいは集合住宅・マンションだから分別が雑で自分のゴミだけ共有のゴミステーションに残っていたら恥ずかしい。

新参者はこんなことを考え、ビビって真面目にゴミ分別をしようと思ったわけです。

そんなこと関係なくちゃんとやらなきゃいけないのですが。

分別してみて分かったゴミの量の凄さ。

燃やせるゴミ・缶・瓶・ペットボトルは今まで通りで良さそう。

しかし今までやって来なかった〝プラスチック〟プラマークのゴミ。

これにはびっくりしました、何がびっくりって。

生活ゴミってプラばっかり!

私の暮らしはプラで出来ている!

ちゃんと分別なさっていた方はご存知だったと思いますが、してこなかった身といたしましては驚きです。

ウチだけでしょうか、燃やせるゴミよりはるかに多い量。

何かといえばプラマーク。

容器包装がプラスチックなわけ。

たった数日でたんまり溜まったプラのゴミ。

主に食品関係でしたがプラスチックでないといけない理由があるようです。

  • お弁当やレトルト食品、温めや調理する温度(100℃)に耐えられる。
  • レトルト食品は密封性、バリア性に優れている。
  • マヨネーズのような短期間で消費しないものを酸化させず、品質を長期間保っている。
  • スナック菓子の酸化や湿気、風味の落ちるのを防ぐ。
  • 透明な容器など中身がよく見え、潰れやすい果物などの保護に役立ている。

言われてみればその通り、プラなしじゃ今の暮らしは成り立ちませんね。

ゴミの量と分別と収集のバランス。

今までキチンと分別してこなかった人間が言うのも何なんですが…。

前自治体は週に1回収集日がありました。

それなのに分別を無視してきたダメな私。

今回の自治体で気持ち改めプラもしっかり分別だーとせっせとやっているものの。

この自治体、プラの回収が第1・第3金曜日のみ。

私が越してきたのは第4週目の月曜日、今月は第5週まであるから。

ということは…。

収集日まで約17日間、半月以上待たなくてはいけません(泣)

引っ越してきて1週間でゴミ箱が満杯になり。

しかも燃やせるゴミ用のゴミ箱をプラが占領。

もちろんこの先収集日まで増え続けるでしょう、私のプラゴミ。

プラゴミよ、どうすりゃいいのよ(泣)

分ければ資源、混ぜればゴミ。

廃プラスチックをリサイクルすれば素晴らしい再利用の道が待っています。

年々廃プラの利用率も高くなっているというし。

それを知って遅ればせながら分別熱も湧いてきて。

もう一度溶かして、もう1度プラスチック製品やプラスチック原料に。

科学的に分解するなどして科学原料に再生。

焼却して熱エネルギーを回収したり、固形燃料にする方法。

だからこそしっかり分別して、資源として再利用のお手伝いをしたい。

ちゃんとした分別それは汚れをちゃんと洗い流す。

と言ってもお湯で洗ったり、洗剤を使って洗うのはざっくり言うと洗うのに必要な石油でプラスチックの新品が3倍も作れてしまうらしい。

リサイクルのためにお湯や洗剤を使うことは、資源消費と環境負荷の増大につながってしまいう。

だから汚れを水でサッと洗い流し、汚れの取れたものはリサイクルへそうでない物は燃やせるゴミへ出す。

正しい分別とはメリハリ。

地球にやさしいリサイクルを。

躍起になってプラ分別してたけど、キレイなモノばかりじゃなかったかも。

汚れたモノを出したってかえって自治体の負担が増えるだけなんですね。

取り合えず私が今すべきことは、正しい分別への理解ともう1つゴミ箱を増やすこと。

もちろん、プラ限らず余計なゴミを増やさないことも。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする