熱帯夜、快眠のためにちゃんとしたこと。

こんにちは、まちのこです。

連日全国的に猛暑が続きます。

この暑さでクタクタになる日中、夜はぐっすり眠りたいもの。

しかし夜だって容赦なく暑い。

こちら毛皮が暑そうです。

こっちはしっかり眠って鋭気を養わなきゃならないのに!

こんにちは、まちのこです。 休職していた仕事を再開しました。 只今絶賛へこみ中(笑) ...

しかし去年より今年の方が暑いのに、そんなに寝苦しさを感じていないぞ!

去年と何が違うのか、当たり前すぎる事をちゃんとしたから⁉の巻。

軽視されがちな存在。

去年までは正直ちゃんとしていなかった。

それは、パジャマを着て寝るということ。

皆さんちゃんと着て寝ていますか?

パジャマを着てなかったって、これまで裸で寝ていたとかじゃないですよ。

正真正銘の〝夏のパジャマ〟を着て寝ていなかったということです。

大体着なくなったTシャツとかカットソーとか着て寝ていました。

下は、レギンスとかスエットとか。

適当でした、軽視してました寝るだけだしという思いもあって。

その結果。

そんな適当な姿で寝ていた結果、寝苦しくて夜中に目が覚めたり。

酷い時は暑くて脱いだりしてました(笑)

素材のせいでしょうか、寝るための衣類じゃないから?

暑かったなぁ~。

今年からちゃんとして正解。

今年は、そんなくたびれた〝パジャマもどき〟を手放して、ちゃんとしたパジャマを手に入れました。

こんにちは、まちのこです。 5月も中旬ですが、実はまだ春物コートを着て仕事に行ってる私。 帰りがまだ肌寒い、少々...

こんにちは、まちのこです。 ミニマリストの方の多くが〝いらないモノ、古くなったものを手放したらいい事あったよ!〟 ...

この2枚。

2つとも綿100%なんですが、それぞれ肌触りが違う。

共通してるのはパジャマのための肌触り、綿100%でもシャツなんかとは違う。

作りもそう、なんかリラックスできて。

こういうのを風通しがいいっていうのかなぁ。

今年の夏は快眠です。

引っ越してきた部屋は、リノベーションの2LDKですがクーラーをつける所が1ヵ所しかない。

リビングだけ。

だから寝ている部屋にはクーラーは無い。

2部屋の仕切りのドアを開け放ち、リビングのクーラーの風を寝室に入れて寝ています。

クーラーの温度は27度。

部屋にクーラーがなくても、寝苦しさを感じない。

それはやっぱり正真正銘のパジャマのお蔭と思ってます。

サラッとしていて、Tシャツのように熱のこもりがないのです。

たかがパジャマ、されどパジャマ。

寝るために作られた衣類は、ちゃんと寝る時に最高の働きをしてくれて快眠です。

しっかり食べて夏バテ知らず。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする