感謝の気持ちを伝えたい、ミニマリストなりの贈り物。

こんにちは、まちのこです。

只今魅惑の3連休中です(嬉)

体調不良だったけど、お休みしたら調子良。

ただの通勤拒否たったか⁉

まぁそんなことより、せっかくの休日、体調が整ったところで楽しい時間を過ごすとしよう。

古巣からのランチのお誘い、楽しみで仕方ない。

古巣と言えば、勤めている時はさることながら、引っ越しの際も盛大に送り出してくれたっけ(涙)

こんにちは、まちのこです。 急に引っ越しを余儀なくされ。 慌ただしく越してきたわけですが、それに...

特に手作りアルバムを短い時間で作成してくれた、歳は私よりはるかに下だけど頼れる上司。

アルバム玄関に飾っています。

引っ越ししてから始めての再会なので、ちょっとした手土産持っていこうかな。

ミニマリスト、感謝の気持ちをサラッと気を使わせない程度にスマートに贈れの巻。

貰い上手が羨ましい⁉ミニマリスト。

ミニマリストになってから、いやその前からか。

自分の意図しないモノを贈られるのは苦手だった薄情やろうな私。

付き合った男性にも〝私へのプレゼントは私が選んだ物にして〟なんて言うどうしようもない

可愛げのない女でした(いちお過去形)

ある意味ミニマリストの素質はあったのかも。

こんにちは、まちのこです。 人へのプレゼントって難しい。 その人の好みを駆使して選んだ物が最高なのかもしれません...

貰い上手な人って羨ましいなと思ったこともある。

ウチの母は貰い上手、何かとモノが集まってくる。

私が羨ましいと思ったのは、モノが集まってくることではなくて。

あの人に贈りたい、何かしてあげたいと思われるキャラクター性。

母は貰い上手だけあって、何をもらってもリアクションがいい。

だから相手も嬉しくなって、また何か…となるようです。

そんな母の住む私の実家は貰ったもので溢れており。

〝少ないモノで豊かに暮らすことが幸せ〟なんていうミニマリストの暮らしとは程遠いけど母はとても幸せそうです。

幸せの形は1つじゃないから、母の暮らしも尊重しています。

貰い下手だけど、贈るのは実は好き。

とっても身勝手なミニマリストな私。

自分には必要ないモノ、好みじゃないモノを貰うと困ってしまうくせに人にプレゼントするのは嫌いじゃない。

だけど、ここはミニマリストの性が出てしまい、花より団子と言いますか、

結局〝消えモノ〟食べ物系になってしまいます。

先月も友達にこれ持ってたんだった。

贈る物を選ぶ時が好き。

相手の事を考えながらコレ好きかな⁉、コレ美味しいかな、喜んでくれるかな⁉

その時間は楽しい。

はっ!私にプレゼントしてくれる人達だってきっと同じ気持ちなはず。

だからその気持ちを無下にしたくはないけれど、いいリアクションが取れな私を許して(願)

手土産はこれにしました。

今回の贈る相手は6人家族。

みんなで食べれるものがいいかしら。

暑い夏のおやつに。

6個のゼリーとこの前からお気に入りのクッキー。

よくよく考えたら、質より量の方が食べ盛りの子供がいる分良かったかな。

贈るのは好きだけど、やっぱり難しい。

贈り上手、貰い上手に憧れます。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする