好きな物をタンスの肥やしにさせないために必要な事。

こんにちは、まちのこです。

自分の持ち物の中でここ数年大好きなもの。

それは腕時計。

KOMONOというブランドのものです。

これについて過去にいくつか投稿もしています。

こんにちは、まちのこです。 ミニマリストはアクセサリーを身に着けるの? そもそも装飾物はミニマリスト業界では無駄...

こんにちは、まちのこです。 春らしい陽気になってきました。 暖かな日差しを浴びて気持ちがほぐれてきて。 先週は三寒...

以前は服装によって、季節によって3つを使い回していたのに、ここのところ1つのデザインをずっと使っています。

これね。

大好きなアイテムなのにどうしてそうなった⁉

また収納の話になるけれど。

生活の動線にない物は無いに等しい⁉の巻。

私の暮らしには欠かせないアイテム。

外出時には必ず腕時計をしていきます。

時計としての実用性はもちろんアクセサリー要素として欠かせません。

最近は洋服への興味は薄れつつあっても、時計はあれこれ欲しい衝動にかられます。

とは言っても今の暮らしにはこの数が楽しむ意味も込めて丁度いい。

そう思っていたのですが…。

住まいが変わると動線も変わる。

今のマンションに越してくる前は、身支度をするところに時計を置いていました。

服を着替え時計をはめる、そんな流れ。

だけど、今は玄関で時計をはめ靴を履き出掛けるという流れ。

玄関の棚に鍵と一緒に時計1つだけ置いてあります。

こういう状態にしておくと、もうこの時計のヘビーローテーション。

他の2つを別部屋の棚から出してきて使うことはしませんでした。

棚に箱に入れて収納。

普段いかに手に届く範囲の物しか使っておらず、同じ物を繰り返し使うことで事足りていることが分かります。

使いたい物は使いやすい場所へ。

本来1つで事足りている私の時計。

〝だから他2つを手放そう〟

そこまでドライになれないダメミニマリストな私。

物は使ってなんぼ、手放しきれないのなら使いやすい場所へ配置変更。

今の自分の動線を考えてやはり玄関がベスト。

こうすることで、以前のように季節によって服装によって時計を着替える楽しみが生活の一部となりそうです。

使いたい物はいつも目に触れさせて、使いやすい場所に置く。

好きな物も油断するとタンスの肥やしになってしまうので。

収納もほどほどに。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする