中途半端なモノを買うと、中途半端な結果になる。

こんにちは、まちのこです。

1つお気に入りが出来ると、その類似のモノが欲しくなる。

そんな傾向があるダメな私。

すぐ大人買いしたくなるのも、その傾向からきているかもしれない。

こんにちは、まちのこです。 ミニマム暮らしになってもやっぱり服を買うのは楽しみです。 たくさん買う事はなくなりま...

いくら類似でも結局は別物には違いない。

もう1つ欲しくなる心理は何なのか。

そんな中途半端は立ち位置がいつまでも中途半端だぞの巻。

私のお気に入り。

私にはたいそう気に入っているミニ3段引き出しの棚がある。

親戚の家から譲りうけた鎌倉彫りのもの。

開運の香港風水・花文字その話→開運

この何とも日本チックなところが渋くて大好き。

大きさも丁度よく使い勝手もいい。

だから、もう1つ同じようなモノが欲しいなぁ~なんて頭によぎったりするのです。

使用用途もはっきりしてないくせに。

ココが私のホントに悪いところ。

最初で最後のIKEA。

そんな思いを持ちつつ、人生初のIKEAに行ったのが3年くらい前のことでしょうか。

安くてかわいいモノがたくさんあったけど、北欧に少し冷めかけの私はさほど心動かず。

とくに買いたい物も見つからず。

しかし、来たからには何か買いたい。

そんな余計な気持ちが働いて、ミニ3段引き出しの事をふと思い出し。

似たような棚はないかな、探してしまいました。

するとあったんです!それらしき棚が。

¥2000台だったかと思います。

これが、唯一私がIKEAで買ったモノ。

私にとってこれが最初で最後のIKEAとなりました。

似ても似つかない、軽率な買い物の末に。

何か買わなくては。

どっから来る義務感か分かりませんが、そんな買い物の仕方でいいモノがゲット出来るはずもなく。

似たような棚を買ったつもりが、全くのつもりだけ。

それが、コレ。

実際は白木でした、自分で似せるため?ニスを塗りました。

引き出し具合もなんか違う。

共通点としては、〝小さい棚〟それだけです。

類似どころか全くの別物だし、今見てもなんで買ったかな~と思うばかり。

中途半端はどこまでも中途半端。

なんで買ったかな~はもちろんあるけど、なんで今まで持ってるかな~もまた不思議。

使い勝手もさほど良くない、言う程使ってもいない。

だから中身も入ってない。

用途もないし、特別欲しいモノでもなかったのに買った。

中途半端な気持ちで買ったため、使う用途も中途半端になってしまっている。

さっさと手放せば良かったのに、その手間を惜しむ程も愛情がない。

取捨選択も中途半端になってしまった。

類似が欲しいは大した動機はない。

1つあるのにまた似たような物が欲しくなる。

なぜ、もう1つ欲しくなるのかを考えてみよう。

そして買うにしても、用途をはっきりさせよう。

もう1つ同じようなモノを買おう、そう考える時ってたいがい大した理由がないことが多い。

最初に買ったモノの感触がよかったから、何となく欲しくなる。

そう、何となくただそれだけのこと。

そして、たいがい使うことなく1つで充分だと思う。

心から欲しいと思ったモノを手にいれる、シンプルな買い物の仕方がやっぱりよさそう。

心から欲しいと思ったモノ、よく考えて手に入れたものは、1つあれば満足できるしその1つを大事にするでしょう。

これ以上のモノはないと思って手に入れるわけだから、それ以外のモノに心ときめくことはないはず。

中途半端な気持ちと行動が余計なモノを増やす原因。

中途半端に未来なし。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする