簡単に幸せになれる方法。

こんにちは、まちのこです。

自分は幸せ、不幸せ、あの人は幸せそう。

幸せになりたい、幸せな時間。

日々の暮らしの中の何気ない会話の中。

メディアに書籍。

自分の心の中にも〝幸せ〟というワードどがいつもどこかにあるような。

分かっているようで分からない、〝幸せ〟ってなんだっけ⁉

『PHP』編集部の〝45歳からの心の整理術〟。

いくつになっても心の整理術は知っておきたい。

私にとってピン!とくるヒントをくれました。

PHPはいつも優しく寄り添ってくれる。

いつも楽しいことばかりじゃない、上手くいかなかったり、悩んだり時には落ち込んだり。

そんな時、読みやすい文章で分かりやすく読み進められ、元気をくれたり、励ましてくれたりPHP研究所の書籍はいつでも私達に優しい。

PHPって〝PEACE and HAPPINESS through PROSPERITY〟

の頭文字で〝物心両面の調和ある豊かさによって平和と幸福をもたらそう〟

という意味だそうです。

さすが、松下幸之助さんが設立されただけあって崇高な志と意味あいなネーミングです。

幸せはいつも自分のそばに。

心の持ちようでいくらでも幸せになれる、とよく耳にします。

確かにそうかもしれません。

頭では理解していても心が納得できない。

毎日、仕事や子育て、家事に追われてこんなに頑張っているのに幸せじゃない。

こう思うことが誰にでもある気がします。

こう思う気持ちには自分にない物を数えるからそんな気持ちになる。

今の幸せに気づくことこれがいちばん心が喜ぶ幸せな生き方のポイントだとか。

なるほど~そうかもしれない。

ご飯が食べられること、戦争のない国に生まれたこと、友人がいてくれること、話せること歩ける事全て当てり前の事ではありません。

私達はそんなことにも気が付けず、よく分からない大きな幸せというものをいつも探しているのかもしれません。

幸せになるのは簡単なこと。

本誌にこんな質問がありました。

「もし、失うことになったら、とても悲しくなってしまう人やことを3つ以上あげて、それを失った状態を3分間想像してみてください」

この質問はホントに効きました(笑)

失うことを考えると、大きな悲しみ、心の痛みを感じます。

かけがえのない今がいとおしく大切に思えてきます。

私もたくさんの幸せを持っていることを再確認。

自分のそばにある幸せを見過ごしてはいけない、気づくことが出来ないのが一番の不幸せなのかもしれません。

自分はいつも幸せだ、そう思う気持ちが未来の幸せを呼びよせ、人生を喜びで生きる秘訣だと。

PHP誌はまた一つ私に幸せになる種をくれました。

本日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする