17年ぶりの買い替え。この愛はエコ?それともエゴ?

こんにちは、まちのこです。

ブログをちょっと⁉サボっていた間にいろいろな事があったので、最近はそれを振り返るネタが多いのですが。

10月の増税を前にして、9月に長年連れ添ってきた物を買い替えていました。

私が結婚した当初から使っていた洗濯機。

もうかれこれ17年近いお付き合いでした。

10年程過ぎた辺りから毎年のように、今年はもう買い替えか⁉なんて思いながら気が付けば17年使い続け。

今年の春頃からとうとう異音⁉がしはじめ。

これまでにはない激しさを増すモーター音、飛んでいくんじゃないか⁉と心配になるような。

使えるのは使えていた、だけど一応ネットで調べると異音がしたら買い替え時だと。

そこで今年の増税も後押しになり、とうとう買い替えを決断したわけです。

今回、久しぶりに新しい洗濯機迎えて色々な事を考えさせられた思いをつづります。

少し愛して、長~く愛しては本当の愛なのか⁉の巻。

長~く愛した私の洗濯機。

買い替え前の私の使っていた洗濯機は、自分たちで買ったものではなく頂き物でした。

主人の会社から勤続何年に対してのお祝いの品。

ダイレクトに洗濯機を頂いたわけではなく、結婚式のギフトカタログのような形態の物の中から自分たちで洗濯機を選びました。

ちょうど結婚するのと重なっていたのでとてもラッキーと思ったのは覚えています。

当時はまぁまぁイケてる方の洗濯機だったんじゃないかな~。

友達がウチに着た時、その洗濯機をみて自分たちが使っている物よりたくさん洗えるのにコンパクトだと驚いていたので。

日立の4.2キロの洗濯機。

持って行かれる直前に撮った写真。

17年も前の物なので、特別な機能はついていませんでしたが二人暮らしの洗濯物には充分でした。

運び出される時にふたの部分が外れてしまい、最後ぐらい大切に運んであげてよーってなんだか切ない気持ちになりました。

あーなんか寂しい。

これまで本当にありがとう、お疲れ様でした。

新しい洗濯機。

そして今回17年ぶりに結婚して自分たちで買った洗濯機がこちら。

通路の問題もあり大きさに制限がありましたので6キロの縦型タイプに。

パナソニックNA‐F60B12-S

写真で見ると前の洗濯機と見た目変わりませんが、実際こちらの方がたくさん洗えるのにコンパクト。

17年前に友達が感じた感覚ですね。

機能も充実しています。

今回洗濯機を買うにあたっての私なりの譲れない条件としましては。

・静音設計。

・洗濯槽がステンレス。

・洗濯層洗浄機能付き。

・色は出来れば白かシルバーが良い。

これが制限内の大きさと予算内に当てはまる物でした。

実際使ってみての感想。

使って1番びっくりしたのは音。

なんて静かなんでしょう!

最近の洗濯機ってこんなだったのーと大感激でした。

私の住んでいるマンションは洗濯機を置いているところとリビングの間に扉がない。

だからこれまで洗濯機の音がダイレクトに聞こえていました。

脱水の時なんてテレビが聞こえないこともあったりして・汗。

しかし今回のはかすかに聞こえてくる程度。

もし間に扉があったら、洗濯している事を忘れてしまうんじゃなかろうかってくらい静か。

それから、使っている水の量も今までより少ない気がする。

その割にはこっちの方が汚れ落ちがいい気がするし。

洗濯時間だって短いから電気代も微量かもしれませんが以前よりかかってないので光熱費減にも今後は期待が持てる。

あのセンチメンタルな気持ちはどこへやら、すっかり新しい恋人⁉に夢中です。

早く買い替えときゃよかった、と毎度これの繰り返しなんですが。

電化製品の買い替えのタイミングは。

一応使えるで17年間使ってきた洗濯機。

何だろう、動かなくなったわけではないのに買い替えた、誰に対してか分からない後ろめたさは。

どこかしらから湧いて来る罪悪感。

恐らく、今までの〝電化製品は動かなくなったら買い替える〟

修理可能なら使うを続行スタイルだったから。

このアイロンもヤバイ。

この家に引っ越す前にもエアコンを12年使っていたけど、終盤はやっぱりモーター音がうるさかったし、初めの頃より電気代がかかっていたような気がする。

そしてこちらの家で新しいエアコンを迎い入れ、今回と同じようにあらゆる快適と感動を手にする。

長い間使えたことの感謝はありつつ、余り良い状態ではない物を使っていた時間の長さを後悔してしまう複雑な思い。

家電メーカーの推奨は10年位までの物が多い。

それ以上使うと火災などのリスクもありますよってなことで。

その後は機能的生産性も落ち、そのわりには光熱費を食うようになる。

長く使い続けるのは本当にエコ⁉

それともなんでも長く使う事を美徳とするエゴか!

10年ひと昔という言葉があるように、10年たったらその時代にあった物に切り替える。

電化製品もそれだけ使えれば大往生。

廃棄は確かにゴミにはなるけど、無駄なゴミではない使い果たした真っ当なゴミ。

生産性のさがった物に無駄なエネルギーを使う方が地球にも自分たちの暮らしにも優しくないのかもしれませんね。

きっかけが無いと買い替えを考えなかったけど、これからはとりあえず10年をめどにしてみようかな。

そうするとまた選ぶ物も今後違ってきそうです。

お歳を取ってお綺麗です。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする