春に冬のワードローブ断捨離⁉次なるステージへ。

こんにちは、まちのこです。

春も本格的になってきたと信じて冬物整理。

冬物断捨離も考えながら整理したいところですが、次の冬に決断?それとも今が正解?

冬のワードローブ。

セーター改めて並べてみました。

衣替えも少なくて超らくちん。

ミニマリストになって良かったと思える瞬間。

特に冬物に関してはクリーニングだの防虫剤だの手がかかる。

そのため少ないに越したことはありません。

普段はホームクリーニングでお手入れ。

大切な自分服を洗ってダメージケアしてくれるらしいから、年間通して世話になっています。

こんにちは、まちのこです。 もうすぐ3月、そう春はそこまで来ています。 衣類もぼちぼち入れ替えの時期。 ち...

冬物は最後にプロのクリーニング屋さんにお願して次の冬まで冬眠?のような感じ。

〝皆さんおつかれ様でした。〟

その前にさようならもした方がいいのかな?

冬のワードローブ総選挙。

少ないくせにそれでも着る回数に偏りがある。

自分の中でも着易さ、好きの中の好きでランキングがあるのは事実。

回数的にナンバーワンはこちらアルパカの毛のセーター。

着心地抜群。

寒い冬、あれこれ考えずに結局は着心地で選んでしまう。

ざっくりサラッと着れるのがありがたい。

ワーストはこちら。

大好きなライトグレーのモコモコふわふわ。

見た目ランキングだと1位なのにあまり着ていない。

何故同じくらい好きなはずなのに、着る回数が均等ではないのでしょうか。

答えは。

少ない数の中でも、普段着とまでは言わずともそっち寄り、それとお出掛けモード寄りがあるから。

水色セーターは着心地の良さから、ついつい手に取り普段のお買い物なんかに着たくなる。

ライトグレーのセーターはビジュアルから私の中で水色セーターよりオシャレ度がアップする扱いになっているのでしょう。

これが噂の制服化か⁉

今までミニマリストの皆さんに多い〝制服化する〟体制に関して元が少ないのだから制服化の何もないでしょ!

そんな風に思うところ生意気にも少々あり。

だけどこうして自分の冬のワードローブを振り返ると自然と制服化のような事していたようで。

1位の水色セーター、2位の白のセーターを気が付けば交互に着て制服化。

そうなると4位ではなく3位のネイビーセーターが微妙な立ち位置(断捨離候補か⁉)

こうやって自分の暮らしを振り返り断捨離は進んでいくのですね。

危うし!ネイビーセーター!

断捨離から取捨選択へ。

このワードローブの数になるまでたくさん断捨離を繰り返してきました。

この先も不要なものは手放していくことになるでしょう。

ですが、冬のワードローブに関しては断捨離過程は一旦終了宣言してもいいかなと。

断捨離から次のステージ取捨選択へ。

同じような言葉ですが、微妙に意味合いが違うようで。

断捨離とは、モノへの執着を捨て不要なものは減らす。

取捨選択とは、必要なモノを選び取り不要なモノを捨てる。

モノへの執着を捨てるも含め自分の生活を変えたくて取り合えず闇雲に捨てた。

お蔭でモノも思考も随分落ち着いてきたと感じています。

以前だったら冬物4~5枚で更に減らそうなんて発想なんてない。

逆に着る物がないって騒いでいたはず。

そこに戻ることはもうない、そこへの自信はつきました。

ですから次は捨てるばかりじゃない選ぶ事も真剣に考えてみようかと。

自分に必要なモノは何か。

何を選ぶべきか。

選ぶことの延長線上にある捨てる作業。

どちらもエネルギーの要る事ですが、納得のいくまで向き合っていこう。

4位のライトグレーは残します。

3位のネイビーは…。

私の捨てる基準、好きか嫌いか。

好き。でも着ていない、その理由を考えつつ次の冬までに答えを出そう。

本日はお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする