今年の傘のトレンド№1。自動開閉式の折りたたみ傘。

こんにちは、まちのこです。

今日はどんよりとした雨日和。

週末も雨らしい。

雨の日は猫も大人しい。

今年の夏前に傘が盗難にあいました。(それか間違われたか。)

結構気に入っていたのでショック。

高価な物ではないのですが使い勝手良かっただけに。

思えばこの傘の前に使っていた傘は15年以上使っていた物でした。

こんにちは、まちのこです。 今日はお天気がどんよりしています。 雨がふるのかなぁ~。 いえねこの眺める風景...

てことは、15年以上盗難なし、紛失無しということ。

物にもご縁ってものがあるのでしょうか。

同じように使っていても、今回は半年くらいでさよならだったので残念です。

失くしてからしばらくの間、盗難された日にその場しのぎで買ったビニール傘を使っていましたがどーにも味気ない。

これまでビニール傘で済ましたことがないせいか、どうも落ち着かず新しい傘を購入しました。

今回はこれまで敬遠していた折り畳み傘に初挑戦です。

今年のトレンド№1の傘はチョット自慢したくなるの巻。

これまでとは違う最近の折りたたみ傘事情。

ちょうどその頃〝マツコの知らない世界〟という番組で折り畳み傘の世界をやっていまして。

最近の折り畳み傘の魅力を知りました。

これまでの私は折りたたみ傘は重くて荷物になる、骨組み、作りが弱くてすぐダメになる、傘が小さくてすぐ濡れる、そんなイメージを抱いていました。

その反面、心の奥ではどっちつかずの天気の時に、長い傘を持って行くより折り畳み傘をカバンに忍ばせておくのもあり、そんな思いがあったのも事実。

だからといって両方持つという選択はないので、これまでの軍配はどうしても長いタイプの傘となっていました。

しかし最近の折り畳み傘は私のイメージをくつがえし、軽量な割に骨組みも柔軟性にたけており、しなりが良いためそうそうは折れないようです。

番組で激しい雨と風を想定しての実験していましたが、しなりはしましたが折れることはありませんでした。

思えば持っていた長年使っていた傘は、骨が硬く一見丈夫のようですが曲がったきり元に戻らず、傘をさした時にいびつな形の部分がありました。

また大きさの問題ですが、最近は通常の傘と同じぐらいの広さ100㎝越えも多数あるようです。

私の問題視していたことが、時代とともに改良されていたですね。

ゲリラ豪雨は突然に。

今回折りたたみ傘を選択したのは、品質改良はもとよりこの昨今の異常気象にも関係していました。

仕事帰りに何度となく襲われたゲリラ豪雨。

朝出掛ける時に確認する天気予報は晴れ。

そんな日に長いタイプの傘なんて絶対に持って行きません。

ましてや日傘にもならないビニール傘なんて論外。

ですがゲリラ豪雨は天気予報なんて無視して突然訪れるわけです。

スマホにこれから激しい雨が今から降りますと、降る直前に出たところで傘を持って出掛けていない身としてはお手上げ。

バス停から歩いて4~5分の我が家でもゲリラ豪雨に襲われた時は悲惨なもん。

疲れた体にゲリラ豪雨はこたえますね。

それが幾度となく続いた時、もういつだって傘を持っていたい、晴れの日だって傘を持つには折り畳み傘をかばんに忍ばせるしかないと。

今年トレンド№1の折りたたみ傘。

一口に折りたたみ傘といってもやっぱりピンキリでして。

とりあえず自分の要望は。

軽量、丈夫、広さはある程度欲しい。

晴雨兼用タイプ。

そして今回最も重視したのは、折りたたみ傘でありながらジャンプ式。

それも、今年のトレンド№1必至の自動開閉式だということ。

感動的でした、時代はここまで来たかと。

ワンタッチでこの状態は感動です。

一瞬でまとまってる、上からの写真。

ジャンプ式は手荷物がある時は大変便利、それが開くときだけじゃなく閉まる時も可能だなんて!

バスに乗る時にサッと傘が閉まってくれたら、スマートに乗り込む事が出来る。

開閉操作は手元の傘の柄の部分のボタンで。

その後はサッとまとめて傘カバーに押し込むだけ。

長い傘だと濡れた状態むき出しなので、混雑時や相席だと気を使いますがそれを回避出来るところも折りたたみ傘はいいですね。

大きさ充分満足。

このご時世、折りたたみ傘にして正解でした。

折りたたみ傘は使用後もかばんに入れておくので、盗難も回避できますね。

今日はよく寝た~。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする