シンプルな服だからこそ気を付けたいこと。

こんにちは、まちのこです。

ここ最近ベーシックなデザインの服をシンプルに着るのが好きです。

今まで色々な系統のファッションをしてきて、行き着いた先がベーシック。

あるあるな状況かもしれません。

何を着ていいか分からなくなり…。

疲れてしまい全部やめたい、そしてやめた〜の流れ。

誰にでも似合う、そんな前提のベーシックでシンプル。

私には結構むずかしく感じるのですが…いかがでしょうか⁉

シンプルは好きだけど。

ベーシックをシンプルにはオシャレの基本。

何を着ていいのか分からない状況から、楽しかった服選びがいつしか苦痛になり。

最終的にはシンプルベーシック路線へと逃げた私。

だけど逃げた先の道は険しく、ますます混乱と謎が深まるばかり。

そのくせドンドンのめり込んでいくほど魅力的で。

大きな流行に左右されないであろうと簡単に考えていると痛い目を見る。

オシャレの基本であり、本当のオシャレはここにあるように思います。

シンプルと地味の分かれ道。

シンプルと地味。

ニュアンスは似てますが微妙に違う。

〝シンプルに着たい〟とは言いますが〝地味に着たい〟とは言いませんし。

ニュアンスは似ていても立ち位置が真逆。

出来たら地味な印象にはなりたくないもの。

2つの別れ道はどこなんでしょうか。

1つの要因としてメイクなんじゃないかと思うんですが。

若い方はナチュラルメークでよりナチュラルな感じが出て素敵。

私40代、ノーメークは自分的にも周り的にも厳しいものがある。

疲れてなくたって疲れて見えるのよ恐らく。

そして疲れ印象からの地味印象へとなっていく。

バッチリメイクでなくていい、メイクだってシンプルでいいから施したほうがグッと顔色アップして同じ服を着ていても印象が違ってきます。

メイクは私の必要なもの身だしなみ程度に。

こんにちは、まちのこです。 みなさんはコスメはお好きですか? メークはされますか? ミニマリストの先輩方は、ナチュ...

細かいところを大事にしたい。

ベーシックでシンプルなモノ、例えば黒のVネックセーターとか。

色々な所で売られています。

でも、印象がそれぞれ違う。

デザインが色がシンプルだからこそ細かいところが気になる私。

細かいところ、それはサイズ感。

これは印象を決定付ける大事な部分です。

野暮ったい、安っぽいなどネガティブなイメージは大概ここがキーポイント。

以前、仕事の休憩の時に羽織るためのセーターを某有名ファストファッション店で購入。

それこそ、黒のVのセーター。

着てみるけど、何だかおかしいシックリこない。

その理由は私にはサイズ大きいみたい。

そこが気になると、形がもう少しスマートな方がいいとか肩の位置イヤ、Vがもう少し深い方がいいとかどんどん気になってきて。

結局着ることなく。

シンプルなデザインだからこそ、シンプルに良し悪しが出るのです。

細かいこだわりに差がでます。

シンプルに負けないように。

料理をするうえで〝素材を生かすためにはシンプルな味付けが一番だ〟なんて言いますよね!

人もシンプルな服で人それぞれの個性が生かせればいいのですが、生かすだけじゃなく人となりが出てしまう残酷な面もあります。

同じ物を着ていてもなんだか印象が違う。

それは人それぞれの洗礼された感、いわゆる品格なようなものが出て違って見えるのです。

シンプルなゆえ誤魔化しがきかず際立ったりして。

服は着る物、着られる物ではない。

シンプルな服は自分自身の本質がでてしまう。

だからこそ着こなせるようになったらどんなに気持ちが良くカッコいいことか。

シンプルな服を上手に着るためにシンプルに人間性を磨く、それが一番の着こなす方法であり一番難しいことなのでしょう。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする