いつか着る服、着てみたら。

こんにちは、まちのこです。

少し前まで、たくさん服を持っているのに繰り返し服を買っていました。

繰り返し買う服も、今まで持っていたものとはテイストが違ったりすることも多く手持ちの服とは合わない。

でも合わなくなった服を手放すことはしない。

いつか着るだろうという思いがあって。

〝いつか〟は本当に来るのか⁉

服を手放す決め手が欲しくて自分で‶いつか〟を作って着てみた話。

いつかじゃなくていつも着てる服

手放しきれないテッパン理由。

そもそも何故手放せないのか。

私の場合理由は明白。

高かったから、まだ買って間もなく新しいから。

キライじゃない、見ればカワイイでも着るまでには至らない。

だけどいつか着る気になるかもしれない。

〝かもしれない〟

来るか来ないか誰にも分からない未来に〝手放さなければよかった〟といった思いに陥りたくない!

その一心で手放さない。

そんなに手放したくないなら着りゃいいのに着たくはない。

手放さない情熱と着る情熱が反比例してしまうのです。

今思えば本当におかしな話です。

うふふ、おかしいわ。

〝いつか〟を無理矢理つくって着てみたら。

手放せない服、最後の悪あがきと言いますか確認と言いますか…。

手放し前に、もう一度着てみることにしました。

3年程前に買ったピーコート。

いつ買ったかも覚えていないビジュー付きのカーディガン、花柄のワンピース。

ファーがたっぷり付いたブーツ。

その他もろもろ。

全てにおいて感想は同じ。

何だか古い、古めかしい。

流行をバリバリ追う気はないけど、それにしても着る気になれないものばかり。

これで外行ける⁇、家の中でもキツイかな~。

気持ちが盛り上がらない。

自分にとって決定的な理由が見つかったので手放しを決心することが出来ました。

むしろ持っているのもイヤなくらい。

万が一〝いつか〟が来たとしても。

〝いつか〟の日のための服はもう死んでいました。

最初に感じた〝今は着ない〟は〝これからも着ない〟と同じと思って間違いはない。

万が一〝いつか〟が来たとしても心配無用。

もし万が一が来たら、来た時の気持ちの感覚の物が欲しいに決まってるから。

不安や心配の貯金はいりませんね。

今着てる服以外は要らない服、ということにようやく気が付いた近頃。

いつかじゃなくていつも着てる服。

〝いつか〟はないから今着たい服を着る。

〝いつか〟がないからこそ買う時も慎重になる。

昔、勤め先の上司が言ってた口癖。

〝明日やろうは馬鹿野郎〟

これの真似をして、

〝いつか着ようは馬鹿野郎〟

私の口癖になりそう(笑)

今日で100記事、やったね!

本日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする