隙間時間を手放してみる、その第一歩として断捨離したもの。

こんにちは、まちのこです。

去年あたりから腕時計にハマっております。

実用性とアクセサリー要素を兼ねて、KOMONO時計が大好きで。

最近はこの黒ばかり付けてます。

人は24時間とゆう平等な枠組みの中で生きているわけですが、平等だけど使い方の上手な人下手な人はいるみたい。

私は完全なる後者下手な人。

仕事となると段取り好きのダンドリアンなくせに、日常生活は段取り考えるのが面倒と思うだらけっぷり。

そんなことだからいつも時間に追われてる時間管理下手でした。

そこで強制的に段取りを踏めるよう、そして少しでも時間を有効活用したくてあるアイテム投入したのが数年前。

しかしそのアイテムを今回は手放そうと思います。

便利グッズの一員。

そのアイテムとはこちらのキッチンタイマー、ニトリで購入。

私の主な使い方は

  • ファイトケミカルスープを20分煮込む時に計測。
  • 朝出掛けるまでに10分~15分と時間を決めて限られた時間の中で家事をこなす。
  • 隙間時間に何かするときに次の予定までの時間を設定。

こう見ると便利は便利。

手放し難い気もします、段取りも上手くいく感じもします。

だけどやっぱり手放します。

手放し理由は単純かつくだらないこと。

〝タイマーをセットして動く事にうんざりしたから〟

〝脳みそと気持ちにゆとりが欲しい〟

なんとダメ人間発言。

タイマーと共に段取りまで手放そうって結論⁉

実はこれもひとえにミニマム生活を取り入れたお蔭⁉でそんな心境になってきたわけです。

ミニマム生活で手に入れた物

タイマーをセットして動く利点は隙間時間を有効活用するとゆうこと。

私で言うとスープを煮込んでいる時間に、あれをしよう、これをしよう。

しかしミニマム生活を始めてから以前より時間にゆとりがあるみたで隙間を捻出しなくてもなんとかこなせてる気がします。

  • 物を減らすと管理する時間も減った。
  • 管理する時間が減ると〝しなければならない〟も減った。
  • そもそも自分の中の〝しなければならない〟が実は大したことではなかったとゆう気付き。
  • その〝しなければならない〟と思ってたことを実際しなかったとしても致命傷にならなかったとゆう事実。

時間に付け加え気持ちにまでゆとりが出てきたため、段取りで脳みそ一杯にして隙間時間に血相かいて色々やらなくてもよくなりました。

そしてキッチンタイマー使う事もなくなり。

もちろん時間がないな、欲しいなと思うこともありますがそれはそれの退き際なんだと思うようになりました。

隙間時間を手放して、大きな時間で過ごしたい

所詮、私のキャパシティなんてたかが知れています。

隙間時間を手に入れたってそんな生産性良いはずもなく。

収納も時間も隙間を有効活用できません。

前向きなあきらめ、手放しでしょうか。

隙間ではなく、おおきな時間の中でやれる範囲でやっていきます。

ただ優先順位は忘れずに。

こんな大口叩いてますが、ブログを始めたときは時間のことで悩んでたっけ。

今ではなんとかブログを書く時間を24時間枠組みに入れ(隙間じゃなくて正式に時間を設けて一気に書く)、ひと月近く経つと私でも時間の確保と書く生産性は上がったらしい。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする