ガチなミニマリストになりそうな春。

こんにちは、まちのこです。

もうすぐ春が来るはずです。

冬は何だか長い気がします、気分的に。

もう寒いのにも飽きたし、疲れたし早く春は来て欲しい。

そんな思いで春物整理。

私何を持ってた?何を着ようかな!

春物を公開

整理してみたら2つしか着る物がなかったんです。

この2枚のみ。

シャツ   BLISSPOINT

カットソー BAYFLOW

去年、大断捨離をした時に着てないものはもちろん、くたびれていた衣類を処分したのを忘れていました。

自分でもびっくりだし、2枚は正直不安…。

せめてあと2枚は欲しいと思ってしまう弱気なミニマリスト。

フランス人は10枚しか服を持たないって本があるけれど、年間10枚としたら春物は2枚くらいの計算になるのかな。

でも私、日本人だしと言い訳したくなったり。

いけなくはない、けど。

小学生の時の話(突然)

引っ越しの荷物とゴミに出す荷物を母が間違えて私の洋服全部捨ててしまったことがありました。

そして取り急ぎトップス3枚、ボトム2枚買った記憶があります。

その時はそれでいけてた、3枚だし。

幼きころのミニマリスト体験。

でも2枚はね~。

春ってどのくらいの期間だったかな、地域にもよるけど3ヵ月くらいでしょうか。

3ヵ月は90日、90日を2枚で…。

夏のTシャツを絡めればいけなくはないかもしれません。

まだ寒いので、春にTシャツが想像できず寒さに不安がよぎる。

春が待ち遠しかったはずが今はただただ心細い。

少ない数で着回したいけど。

トップスはかろうじて2枚ですが、ボトムは1枚。

でもこの1枚白のデニムパンツも断捨離候補なのでカウントはなし、となるとボトムは0枚。

ボトムは1枚持っていました。

春夏・秋口まで兼用のパンツ1枚。

去年常に着て着倒した末、処分しました。

これはもう…。

結論

今の気持ちは何か買い足したい。(あっさり)

ボトムはもう買い足し決定、ゼロだし。

下はともかく上2枚の生活を想像してもワクワクしない。

ミニマリストを楽しめきれない。

楽しめない数で暮らすのは正直、本意ではありません。

私にとって丁度いいではない気がします。

私にとっての理想のミニマリストとは捨てて終わりではない。

自分の納得のいくサイズの暮らしをすること。

物がないだけの暮らしを我慢しながら送るのがミニマリストではない。

何もないということは、これから手にいれる喜びがある。

大断捨離で捨ての過程はいったん落ち着き、今度は暮らしを少しづつ整える段階になったのかもしれません。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする