自分にご褒美はあり?

こんにちは、まちのこです。

年末年始働き詰めだった私。

今日は久々のお休みだったのでゆっくりしています。

皆さんも仕事に家事に育児に勉強にそれぞれ日々がんばっているのではないでしょうか⁉

そこで、そんな自分にご褒美あげていますか?

ご褒美を与える心理とは?

私まちのこは自分にご褒美を与えてるか?

答えはNOです。

私は昭和の女です、当時は褒めて伸ばす的な風潮がなく逆にダメ出しでこそ人は強く育つが当たり前の時代だったので、残念ながらその感覚が根強く自分をほめることができません。

それ以上に人もなかなか褒められないとゆう致命傷。

ですから、頑張った自分にご褒美なんて考えも及びません。

〝自分にご褒美〟って自分を褒めることは素敵だし、自分にやさしくするっていいことだと思います。

だけどご褒美に何か買う、ご褒美に何かする、何か食べる、って本当のところはそれに対しての理由付け、言い訳な感じが見え隠れしま

ご褒美の対象は高価な物や贅沢なことが多いため、それを手に入れることがなんだか後ろめたいような…。

ご褒美とゆう名目でそれらを手に入れることで自分を納得させてる深層心理がありそうな。

欲しいものは欲しいでいいんじゃない⁉

そんな後ろめたい深層心理で自分を褒めて欲しいものをゲットするなんて何だか勿体ない。

ご褒美を理由にしなくても、欲しいものは欲しい、したいことはしたい、それでいいんじゃない⁉

大事な事はその気持ちが本物かどうか。

ちゃんと見極めて、本物の気持ちにお金を使うことは悪いことじゃない。

本物の気持ちに理由も後ろめたさもない。

本物の気持ちを大事にしていれば、ご褒美の傘に隠れた無駄遣いも無駄買いもない気がします。

自分の頑張りと、ただの物欲と一緒にしないためにも本物の気持ちを大切に。

本物の気持ちで欲しい物、やりたいことはどうどうと手に入れよう。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

母はまだまだ子育て中⁉

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする