ミニマリスト少数精鋭のワードローブでオシャレ感を出すにはこれしかない!

こんにちは、まちのこです。

ミニマリストと言えば少数精鋭にワードローブ。

日々少ない数で何とか感じよく、決してボンビーくさくならないよう心掛け、そして模索中でもあります。

オシャレじゃなくてもオシャレにみえる

そんな中少し良いのではないか⁈と感じハマっているのがコレ。

なんてことのない着こなしなのにグッとおしゃれ感がでるワントーンコーデ。

ワントーンコーデとは。

トップスとボトムの色味を同じ色味で統一するコーディネートのこと。

上下同系色に合わせてスマート感、こなれ感を出すとゆうことです。

手持ちの服って結局好きな色味に偏ってることが多いので少ない数でもワントーンコーデは挑戦しやすいかと思います。

ワントーンコーデのコツ。

人によっては単調にみえるのではと難しいと思う方もいるみたいですが、コツを掴めば簡単です。

・色味同じで素材を変える。

・色味同じで濃淡を出す。

こちらホワイトコーデですが、素材の違うニットとコーデュロイを合わせる事によりメリハリがでました。

またホワイトと一言で言っても色々なホワイトがあります。

こちらは、二つともオフホワイトですがお互いそれぞれの素材のオフホワイトなため色味がことなりますがそれが濃淡、奥行きを出してくれてぼんやりな感じにはなりませんでした。

・差し色を入れる

こちらはボトム、小物、時計、私の場合はコートまで黒なのでトップスに差し色を入れています。

差し色も濃い目の色を入れるとグラデーションが出て大人っぽくなりました。

・差し色は小物が入れやすい。

ストールや時計など小物もまた落ち着いた色を入れるとバランスがよかったです。

ミニマリストには強い味方のワントーンコーデ。

たくさんの色味でコーディネートする方がバランスの取り方などかえって難しい気がします。

少ないアイテムそして少ない色味でコーディネートできるワントーンコーデはミニマリストの方には取り入れやすいかと思いますので良かったらお試し下さい。

私の冬のワードローブこちら。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする