ミニマリストワードローブ、冬の断捨離候補・春に復活をとげる。

こんにちは、まちのこです。

最近の私のブログは春はそこまで来てるね系の話を書いていること多し。

こんな感じで→代表

寒さにうんざり、春が待ち遠しいわけです。

だけど平昌オリンピックは感動いっぱいで最高!

しかし平昌オリンピック前の12月から1月中旬…。

日本中が寒さマックスの頃、心まで寒さに震えていた私。

ついヤケをおこして断捨離候補にしていたあのコを春寄り気分で眺めてみたら愛おしく思えてきました。

冬の白と春の白。

あのコとはこの度初登場のホワイトデニム。

ビーミングbyビームス

とても綺麗な形で履きやすい、同じ形のブルーのデニムがないかと探したくらい惚れ込んでいたもの。

いえ、過去形ではなくて惚れ込んでいるのです。

冬のボトムはスカートばかりの私。

春から秋までお世話になっているアイテムの事を思い出せないくらい冬の寒さは私の気持ちをむしばんでいたのですよ。

白は大好きな色。

どの季節でも取り入れたい、取り入れている。

だけど冬の白と春そして夏の白は同じ白でもニュアンスが私の中では違います。

冬は暖かなクリーム色寄りの白、春夏は、清潔感・爽やかさはじける真の白。

その季節のアイテムの素材あってか、そんな要素の含む白をえらんでいます。

このデニムは春夏の白、元気が出る白なんです。

断捨離のタイミングはいつがベスト?

断捨離のパイセン方は要らないと思った時が手放す時!とおっしゃいます。

私もそう思います。

去年の夏の終わりには断捨離しようとは思わなかったこのデニム。

夏は夏で断捨離してこれは残したのだから、きっといい春夏をこのデニムで過ごしたのだと思う。

その時の気持ちを信じて、冬の憂鬱な気分に惑わされないよう今回は残してみようと思います。

今ある春物に、もちろん似合います。

ミニマリストとして未熟⁉

この行為ミニマリストとして未熟なため気持ちがフラつくのか。

だんだん思い出してきたこのホワイトデニムの履き心地の良さに手放せない気持ちが上回り。

新たな出会いをするチャンスを逃したかもしれませんが、手放すことはいつでもできる!

昔のような〝またいつか履くかもしれない〟という思いで残すのではない。

確実に履くから残すのです。

開き直りのように腹をくくり自身の断捨離ミニマリストスタイルを確立していこう。

ミニマリスト界のレジェンド佐々木典士さんもフットマッサージャーを二回手放したとおっしゃってます。

買って、手放して、また買って手放して。

断捨離スタイル、タイミングはそれぞれ。

こうあるべきに縛られがちな私ですがもっと自由にミニマリストを楽しもうッと!

平昌オリンピックで、冬の寒さで凍えていたみんなの気持ちを熱くしてもらい日本の春は早く訪れそう。

春物ちゃんと考えないと!

本日もお読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。
 

関連コンテンツ



楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする